30代40代から加齢臭?原因は運動不足!汗をかく習慣で対策を!

あなたが30代40代の男性なら、自分の体の臭いが気になりませんか?

もしあなたは気にしていなくても、妻など家族から臭うと指摘されたことはあるかもしれません。

筆者は妻から「なんか臭う!加齢臭じゃない!?」どストレートに指摘を受けました。汗

その時、「自分はもう加齢臭が出る年齢になったのか・・・」と少なからずショックを受けたものです。

そこから、気になって調べてみたところ、どうもこの臭いの原因は、いわゆる加齢臭でないのかもしれないということがわかってきました。

今回は、同じ悩みを抱えているあなた(30代40代の男性)に向けて、筆者が調べたことをシェアしますね。

この記事を読んでもらえれば、明日から汗をかく習慣をつけよう!と思ってもらえると思います。

スポンサードリンク

30代40代男性の体臭は加齢臭?

年も30代40代になってくると、少なからず体臭は発生するもの。

食生活や日常生活の乱れ、ストレスなどでも臭いがきつくなる場合があります。

加齢臭かなと思う人もいるかもしれません。

ですが、加齢によって臭いはきつくなっているものの、本来の加齢臭ではありません。

対策をしっかり行うことで、今の体臭は抑えられるかもしれません。

体臭の原因は運動不足?アルカリ性の汗を酸性に!

運動を行っていると、汗の種類がサラサラの汗に変わってきます。

アルカリ成分である重炭酸イオンが少なくなったサラサラの汗は「酸性」になります。

そのため、汗をかいても皮膚表面で雑菌が繁殖しにくくなります。

雑菌が少なくなると、必然的ににおいも抑えられるのです。

しかし、運動不足の人の場合、血行が悪くなることから、汗腺への酸素供給も悪くなります。

酸素の少ない状態であれば、「乳酸」が大量に分泌されるようになります。

この乳酸は、汗腺の中にアンモニアの分泌を促進させるため、汗のにおいもきつくなるのです。

また、重炭酸イオンが多いことから「アルカリ性」の汗となります。

そのため、雑菌が繁殖しやすくなることから臭いがきつくなるのです。

急速消臭スプレーの「ヌーラ」・急速分解消臭衣類の
「デオル」なら「いい快互服ドットコム」

加齢臭の本当の成分は?30代40代の対策は汗をかくこと!

加齢臭は、50代半ば以降から本格的に発生します。

「パルミトレイン酸」と呼ばれる脂肪酸が年齢と共に増加するからです。

それが皮脂とともに酸化されるようになります。

酸化され、「2-ノネナール」という成分に変化し、これが加齢臭の成分になります。

つまり、本来の加齢臭の原因はこの物質の増加ということになります。

このことから、30代や40代の方の臭いは、本来の加齢臭ではなく、運動不足が原因だといえます。

しっかり運動して対策をしてみましょう。

オシッコをかけても数秒でニオイが消える!驚異の消臭衣類「デオルDeol」
お好きな衣類を超消臭衣類にする急速イオン消臭スプレー[ヌーラNULLA]

まとめ

運動不足になると、汗の性質が変わるということが理解できたかと思います。

仕事が忙しくて、中々運動する時間が取れないという方もいらっしゃるとは思います。

ですが、日頃の生活習慣を見直し、体を動かすことは誰にでもできます。

臭いのメカニズムから対策を行い、きつい体臭を押さえることは可能です。

若くして加齢臭だと悩むより、まずは対策をして抑えられるようにしてみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする