大掃除のやり方・裏技|窓拭きのコツは?新聞紙やグッズで簡単にキレイ!

年末の大掃除、「めんどうだなぁ」と思いませんか。

中でも、窓や網戸そしてサッシの大掃除は、時間も体力も使うので、気が重いですよね。

今回は「窓拭き」のコツ(やり方・裏技)について取り上げます。

よく、「窓拭きには新聞紙を」とか聞きますが、どう使うのでしょうか。

また、そもそもなぜ新聞紙が効果的なんだろう・・・って疑問が湧いてきますよね。

新聞紙以外の道具(グッズ)で簡単にきれいにする方法も整理しました。

ちょっとしたコツで、負担が減るのは嬉しいものです。

知っているか知らないかだけの違いですので、この機会に押さえておきましょう!

スポンサードリンク

窓の汚れの原因は?

窓ガラスを触ったとき、思った以上に汚れていることに、驚いたことがあるのではないでしょうか。

窓ガラスは、内側も外側も、汚れのもとになるものに、いつもさらされています。

  • 内側の汚れの原因:家庭内のホコリや油、皮脂など
  • 外側の汚れの原因:風雨で運ばれる砂や花粉など

内側と外側では、汚れの原因が異なるのですね。

スポンサードリング

窓拭きには新聞紙?やり方や理由が知りたい!

窓拭きには新聞紙が活躍します!

新聞紙での窓拭きのやり方は?

やり方はいたって簡単。

準備するものはこれだけです。

  • 新聞紙
  • 手袋(軍手など)
  • ゴミ袋

やり方は極めてシンプル!

  1. 新聞紙一面分をクシャクシャにして丸める
    (あらかじめいくつか作っておく)
  2. 1を軽く水に濡らして窓ガラスを拭く
  3.  乾いているクシャクシャ新聞紙を使って乾拭きする

はい、たったこれだけ!

このときのコツは、水拭き → 乾拭き の順に行うことです。

結露などで窓が濡れている場合は、水拭き無しで、乾拭きのみでもOKですよ。

なぜ新聞紙が窓拭きに効果的なの?

窓拭きに新聞紙を使うことはわかりましたが、「なぜ新聞紙が窓拭きにいいの?」という疑問を持ちませんか。

実は、新聞紙のインクが汚れを吸収し、窓を綺麗にしてくれているのです。

新聞紙のインクは油性成分なので、水拭きだけでは落ちない油汚れが落とせる、というわけです。

また新聞紙は、雑巾のような布よりもキメが細かいので、細かい汚れも落とせます。

チラシや雑誌じゃダメなの?とも思いますが、やってみた結果、あまり効果がありませんでした。(インクの関係か、紙の関係でしょうかね。)

その他、インクが窓に付いてしまうのでは?と一瞬心配になりますが、それは大丈夫なのでご安心を。

注意点としては、新聞紙のインクで手が黒くなってしまうことがあるので、気になる方は手袋をはめておくといいでしょう。

そして、使用済みのクシャクシャ新聞紙を捨てるための、ゴミ袋が近くにあると便利です。

窓拭きの裏技!新聞紙以外の道具・グッズと使い方は?

次に、少しだけお金をかけたやり方をご紹介します。

ふだん、ご自宅にないグッズを購入します。

準備するものはこちらです。

  • 重曹水スプレー
  • クエン酸スプレー
  • ぞうきん
  • マイクロファイバークロス

次に、やり方についてご紹介します。

  1. 重曹水スプレーを、窓ガラスに吹きかける
  2. ぞうきんを使って、水拭きする。
  3. 2で拭いた窓にクエン酸スプレーを吹きかけ、水拭きする
  4. マクロファイバークロスで乾ぶきをする

水に溶けた重曹はアルカリ性なので、油や皮脂など酸性の汚れに効果があります。

クエン酸を使う理由は、重曹がガラスに白く残るのを避けるためです。

アルカリ性の重曹を酸性で中和させる、というわけですね。

ちょっと理科の実験を思い出しました(^○^)

市販のスプレーではなく、重曹(粉)とクエン酸(粉)と水を使って、自分でスプレーを作ることもできます。

自作のスプレーを作るのも、楽しいかもしれませんね。

もちろん、分量がわからない、スプレーを作っている時間がない、そんな方は、市販のスプレーでOKですよ。

ホームセンターやネット通販で、いろいろな種類が販売されています。

価格も、かなりリーズナブルです。

マイクロファイバークロスも格安で入手できます。

 

窓拭きの裏技!スクイージー(道具)ってどう?

もう少しコストをかけるのであれば、窓用のスクイージーを使って手早く済ませる方法もあります。

スクイージーというのは、こんなやつです。

 

形状でおわかりのように、ペンキを塗るようなイメージで、窓ガラスをふいていくお掃除グッズです。

一度にふき掃除できる面積が大きいので、時間を短縮したい場合にはオススメです。

ムラなくふけるのも特長です。

一度使うと、結構ハマります。

スクイージーを買って、窓ガラスの掃除が習慣化できれば、コスパ的にも許容範囲でしょう。

仕様や用途を比べて、選ぶのも楽しいですね。

窓拭きは曇りか朝がおすすめ!その理由は?

窓拭きのコツは、道具だけではありません。

天気や時間帯も考慮しましょう。

窓拭きに適しているのは、「曇りの日」「朝方」です。

その理由は、窓の汚れが見えやすいからです。晴れた日だと、光が窓に反射して、きれいにしたつもりでも拭き残しが生じる場合があるのです。

これも知ってるか知らないかの話ですね。

まとめ

大掃除のやり方・裏技について整理しました。

窓拭きに効果的なのは、やはり新聞紙を使うことです。

簡単でキレイになりますからね。

また、新聞紙以外でも、

  • 重曹スプレー・クエン酸スプレー・ぞうきん・マイクロファイバークロスを使うやり方、
  • スクイージーを使うやり方

をご紹介しました。

好きな音楽をかけて、気分↑↑にして、手早く済ませるのがコツ。

エクササイズのようにすると、ダイエット効果にも期待できる・・・かもww

さぁ、楽しみながら大掃除☆

今回ご紹介したを裏ワザを参考にしていただいて、窓ガラスをピッカピカにしちゃいましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする