お風呂場の大掃除で鏡を綺麗にするやり方とは?簡単な裏技を紹介!

お風呂場の大掃除で鏡を綺麗にする、簡単な裏技のやり方をご紹介します。

お風呂に入って、いざ顔を洗おうと鏡を見ると、汚れていて自分の顔が見えない!なんて経験はないでしょうか?

もしあながたが、水で落としてもすぐくもってしまうしどうすればいいの?と悩んでいたら、今日でその悩みは解決されます!

是非こちらの記事を参考にし、綺麗な鏡にして素敵なバスタイムをお過ごしください。

スポンサードリンク

水垢が風呂場の鏡がくもる原因

お風呂の鏡の汚れと言うのは、白くくもっている感じがしますよね。

それは、「水垢」です。

お風呂上がりに残っている水滴が蒸発すると、そこに含まれている「カルシウム」や「マグネシウム」という成分が残ってしまい、白い水垢ができてしまうのです。

お風呂用の掃除道具では、落とすことができないので、以下でお伝えする方法で落とすようにしましょう。

風呂場の鏡掃除の裏技!「酢」と「歯磨き粉」で綺麗に

お風呂場の鏡を綺麗にするには、酢と歯磨き粉を使うといいのです。

まず、キッチンペーパーに酢を浸してください。

酢で浸されたキッチンペーパーを鏡に貼りましょう。

まんべんなく、全体に貼り付けるようにしてください。

上からラップをして、30分から2時間ほど放置。

放置し終わったら、キッチンペーパーを取り、あまり力を入れずに鏡をスポンジでこするようにしましょう。

シャワーで流したら終わりです!

この方法でもあまり綺麗にならないなという場合には、「激落ちくん」と同じメラミンスポンジに歯磨き粉をつけて、鏡をこするようにしてください。

歯磨き粉は粒入りだと鏡を傷つけてしまう場合もあるかもしれないので、粒の入ってないものにしましょう。

また、お風呂場の鏡は汚れが酷くなると掃除するのが大変なので、一度掃除をしっかりとした後は、ちょっとくもってきたなと思ったタイミングで、掃除をするようにしてくださいね。

風呂場の鏡のピカピカを保つ方法とは?

せっかく綺麗にしたお風呂場の鏡。

綺麗なまま保ちたいですよね!

綺麗なまま保つために必要なことは、鏡に水分を残さないということだけです。

お風呂上りには必ず鏡を拭くようにしたり、鏡を市販のアイテムでコーティングするといいでしょう。

まとめ

お風呂場の鏡の掃除の仕方をご紹介しましたがどうでしたでしょうか?

お風呂場の鏡には、酢と歯磨き粉が効果的だということが分かりましたね。

日々の掃除を怠らないようにして、鏡がピカピカで素敵なバスタイムをお送りください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする