大掃除のやり方・裏技|簡単な網戸掃除の仕方と便利グッズのおすすめは?

年末の大掃除。

「やらなきゃ」とは思うけど、時間も体力も使うので憂鬱になったりしませんか。

窓回りは、できればやりたくない箇所の一つ。

前回は窓拭きのコツ(裏技)について取り上げたので、今回は網戸の掃除についてです。

簡単な網戸掃除の仕方と便利グッズのおすすめについてまとめました。

それでは、網戸の掃除の裏ワザを、一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

網戸の大掃除の裏ワザ①:吸い取る

網戸の汚れは、何と言っても網目に付着したホコリやゴミ。

それを吸い取ってしまおう、というやり方です。

準備するもの:

  • 新聞紙(もしくは、網戸覆うくらい大きさの紙やビニール)
  • テープ(上記の新聞紙などを網戸に接着させるもの)
  • 掃除機、クリーナー

手順:

  1. 網戸の外側に、新聞紙をテープで貼り付ける
  2. 内側から掃除機を軽く当てて吸い取る
  3. 外側を掃除する場合は、新聞紙を内側に貼って、②と同様に吸い取る
  4. 最後に、サッシに落ちたホコリやゴミを掃除機で吸い取る

これで、網目に付着したゴミを、ほぼ除去することができます。

新聞紙で網戸の片側を塞ぐことにより、掃除機の吸引力がアップするんですね。

ただし、吸い取るときに掃除機を網戸に当てるときは、軽~くにしておきましょう。

何故なら、力を入れすぎると網戸を破損してしまう可能性があるからです。

スポンサードリング

網戸の大掃除の裏ワザ②:拭き取る

ホコリやゴミを吸い取った後、網戸を拭き掃除することで、さらに汚れを取り除くことができます。

準備するもの:

  • シート取替式フローリング用モップ(クイックルワイパーなど)
  • 取替用のウェットシート

手順:

  1. フローリング用モップにウェットシートを装着する
  2. 網戸を上から下へ拭く

網戸をふくときのコツ(注意点)は、往復せず、一方向に動かすことです。

何故かというと、往復させるとシートに吸着した汚れを再び戻すことになるからです。

この場合も、網戸を破損させないように、力を入れ具合を加減してくださいね。

これは、見た目も楽しそうなので、すぐにでもやってみたくなりますね!

ひどく汚れた網戸の掃除のやり方は?

網戸は、家の内外のホコリや小さいゴミ、屋外からの花粉や砂などに、常にさらされています。

思った以上に汚れている場合もあるでしょう、そんなときには「重曹」の出番です。

準備するもの:

  • スポンジ(メラミン製)
  • 重曹スプレー(市販のものでOK)
  • 掃除機
  • ぞうきん

手順:

  1. 網戸の内側全体に重曹水を吹き付ける
  2. 10分程度、放置する
  3. 重曹が汚れに反応してくるので、スポンジを濡らして、上下に軽く擦る
  4. 網戸の外側も①~③と同様に行う
  5. 網戸の内側外側を、ぞうきんで乾拭きする

このとき、ゴミや汚れが床に落ちるので、始める前に新聞紙などを敷いておくと良いですよ。

網戸の掃除が終わったら、新聞紙を丸めてポイ!で完了です。

重曹は、水に溶けると「弱アルカリ性」になります。

理科の実験を思い出してください。

アルカリ性は酸を中和させるんでしたよね。

汚れのもとは酸性のものが多いので、重曹が効くわけですね。

市販の重曹スプレーを買ってきて使うという手ももちろんあります。

ただ、重曹は掃除以外でも料理にも使えたり用途が幅広いです。

なのでこの際、重曹をまとめ買いして、重曹スプレーを自作してみたり、料理に使ったりしてみてはいかがでしょうか。

こちらでは、筆者も知らなかった使い方が載っていました。

意外と知らない使い方があったりするんですよね~(^^)

 

あなたはいくつご存知でしたか?

まとめ

今回は、網戸掃除の裏ワザをご紹介しました。

ここで、おさらいです。

  • ゴミやホコリを吸い取るときは、網戸の片面に新聞紙を当てて、反対の面に掃除機をかける
  • 拭き取り掃除には、フローリング用モップ + ウェットシートで一方向に
  • ひどい汚れには、重曹スプレーで、汚れを撃退!

網戸掃除のお助けグッズは、

  • 新聞紙
  • フローリング用モップ + ウェットシート
  • 重曹スプレー

ですね。

網戸がキレイになると、窓全体の印象が変わり、お部屋が明るくなります。

いざ始めてみると結構、楽しかったりしますよ。

さぁ、パパっと済ませてしまいましょう。

ご紹介したやり方や裏ワザが、ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする