ポケトークは延長保証付きで購入?期間や料金とメーカー保証との違いを整理!

超小型翻訳機「ポケトーク(POCKETALK)」がかなり使えるツールなことは見えてきました。

あと迷うところがあるとすれば、購入するに際に、

  • ワイド延長保証付きにするか
  • 保証なしにするか

というところではないでしょうか。

そこで、ポケトークのワイド延長保証について、

  • 保証期間
  • 料金(加入費用)
  • メーカー保証との違い

について調べてみましたよ。

あなたがこの記事を最後まで読んだら、あなたは保証付きで購入することになると思います^_^。

スポンサードリンク

ポケトークのワイド延長保証とは?

ポケトークのワイド延長保証とは、ポケトークを購入した際、商品の出荷日から数えて3年間の保証を提供してくれるサービスのことです。

具体的には、

  • 自然故障
  • 水没
  • その他偶然の事故による端末の全損または一部の破損

によって、ポケトークが故障した場合、本体を修理または交換してくれます。

でも、メーカー保証があるから、ワイド延長保証なんて必要ないんじゃない?

・・・と思いませんでしたか。

私も最初はそう思っていいました。

しかし、ポケトークの場合、メーカー保証とワイド延長保証の内容は、かなり違うのです。

ということで、次に、ポケトークのメーカー保証とワイド延長保証の違いについて見ていきたいと思います。

メーカー保証との違いは?

ポケトークのメーカー保証とワイド延長保証の違いを、簡単にまとめてみました。

  メーカー保証 ワイド延長保証
保障期間※ 1年間 3年間
対象 自然故障のみ 自然故障
水没
その他偶然の事故による端末の全損
または一部の破損

※購入時、商品の出荷日から起算。

この表をご覧いただければ、一目瞭然ですね!

ワイド延長保証のほうが、保証の対象が拡大されていて、保証の期間も長いのです。

出典:www.sourcenext.com/product/pocketalk/warranty

むむむ、これは、ワイド延長保証を付けたほうが良いのかも…。

ワイド延長保証の料金(費用)は?

ワイド延長保証のほうが安心、というのはわかりました。

でも、これだけの保証をしてくれるのだから、
料金(加入費用)も高いんじゃないの?

と心配になりますよね。

調べてみたところ、ポケトークのワイド延長保証の加入費用は、

2,980円(税別)

です。

え?これだけ?

はい、これだけなんです。

意外なほど安~い!

ただし、

自然故障の場合、無償で修理または交換してくれますが、
自然故障以外で交換が必要な場合、5,000円(税別)の交換手数料が必要になります。

注意点は?

さて、ここで、ワイド延長保証について、いくつか注意点をまとめてみました。

  • 保証サービスを受けることができるのは、保証期間中2回まで
  • 保証書に記載の保証期間内の自然故障の場合はメーカー保証として対応

また、下記の場合は、保証対象期間内でもサービスを受けることはできません。

  • 保証対象期間に発生した事故であっても、サービスの申込みが保証対象期間外になされたとき
  • 購入者、もしくは第三者の故意による過失
  • 対象端末の消耗、変質、変色等による損耗(バッテリーの消耗を含む)
  • 対象端末の機能自体に影響のない外見上の劣化
  • メーカーが承諾していない改造や解析を行った場合
  • 誤使用による事故、破損
  • 電子データの消去による損害
  • 対象事故がコンピューターウィルスによる障害に起因するものである場合
  • 自然災害による事故、破損
  • 戦争、暴動またはテロによる事故、破損
  • 国または地方公共団体による公権力の行使による場合
  • 核燃料物質、放射能汚染による事故、破損

※POCKETALK・ワイド延長保証サービス 利用規約第8条(保証の対象とはならない場合)を要約。

ちょっと難しい感じになってしまいましたが、通常の機器を購入する際にも当てはまるような免責事項ですよね。

まとめ

ポケトークのワイド延長保証について整理しました。

  • 保証期間が3年と長い
  • メーカー保証よりも保証対象範囲が広い
  • 料金(費用)も安い!

ということがわかってもらえたかと思います。

となると、ポケトークの購入の際は、保証なしなんてありえないと思いませんか。

筆者だったら、保証付きで購入します。

ポケトークは手のひらサイズですから、ついうっかり落としてしまった・・・ということは十分に考えられます。

そんなときに、ワイド延長保証に入っていれば安心というものです。

あなたがポケトークを購入されるときの参考にしてもらえれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

※この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする