iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

面白・なるほど

信用できる人・信用できない人の見分け方

あなたは、誰かに仕事を依頼したり、誰かと一緒に仕事などをしたりする際に、

「この人、信用できるな」
「この人、あまり信用できないな」

と判断しているかと思います。もしかしたら無意識に。

あなたにとって、「信用できる」「信用できない」を判断する基準・見分け方はどのようなものでしょうか。

今回はiSee-Labの視点から「信用できない人」についての見分け方について考えてみました。(ここでは主にビジネス上の状況を想定しております。)

スポンサードリンク

「信用できない人」の3つのタイプ

「信用できない」のは、以下の3つのタイプに当てはまるタイプの人です。

  1. お金にルーズな人
  2. 時間にルーズな人
  3. 書くことを嫌う人

まず、1.と2.は、多くの人が同意してくれると思います。でも、3.は意外だったかもしれません。3.の「書くことを嫌う人」は、「弁が立つ人」が多い傾向があると考えます。

いわゆる、「コミュニケーション能力が高い人」なのでしょう。世間的には。

「こうあるべきだ」といった自分の考えをしっかり持っており、その場を仕切りたがります。また、とにかく足で稼ぐことを第一に考えがちです。

確かに、

  • 自分の信念を持つ
  • 現場を重視する

といった姿勢はとても大切なことです。

この点は、何も否定するものではありません。しかし、もしその人が分の意見や考えを書くことが嫌いであれば、信用するに値しません。

少なくともゆるーい関係のお友達としてはOKですが、一緒に何か仕事をしようとは思いません。まぁもしかしたら、信用はするかもしれませんが、信頼は絶対にしません。

そして、1.2.3.のどれかに当てはまる人は、他のものにも当てはまる人が多いです。

また、「お金にルーズな人」「時間にルーズな人」は比較的見分けやすいですが、「書くことが嫌いな人」は結構見分けづらかったりします。

 

なぜ「書くことを嫌いな人」は信用できないのか

なぜならば、どんなに口が立つ人であっても、自分の考えを書面に落とせなけなければ、物事を企画し、実行し、達成できる可能性が低いからです。

書く(=書面に落とす)ためには、自分の頭が整理されている必要があります。でも実際には、「自分の考えは明快だ」と思っていても、いざ書こうとすると、とたんに手が止まってしまうことがあります。

なぜ止まってしまうかというと、

例えば、

  • 実はあまりわかっていなかったな
  • ここの部分は理由づけが甘いな
  • さっき述べたことと矛盾しているな

といったことが、次々に自分自身で気づき出すからです。

逆に言えば、しっかりと文書に落とし込める人は、議論が明確であり、信用できる可能性が高いと考えます。

記録として残りますしね。これ大事だと思いませんか。後で、「言った・言わない」となり、お互いの時間の浪費した経験はあなたにもありますよね。

  • 客がそう言ってんだから(俺・アタシの言った通りにすれば間違いないんだよ)
  • 今言ったばかりじゃん(理解しろよ)
  • わざわざ(メールで送るとか)面倒くさいよ
  • 堅いこと言ってんじゃねーよ
  • んなことより、一つでも多くの現場だよ

なーんて言って、記録を残そうとしない御仁は、一つの目標に向かって一緒に取り組むパートナーとして信用に値しないのです。

iSee-Lab的、「信用できる人」「信用できない人」の見分け方、いかがでしょうか。

 

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-面白・なるほど