面白・なるほど

年末年始高速道路渋滞予測2018!東名の上り下りのピークはいつ?

2017年ももうすぐ終わりですね。

年末年始に旅行や帰省のために、あなたは車を利用されるかもしれませんね。

今回は年末年始(2017年12月28日から2018年1月4日まで)の高速道路の渋滞予測をまとめてみました。

上り下りの渋滞のピークを予測して混雑を避けられれば、少しでも快適なドライブができますよね。

お役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

年末年始(12月28日~1月4日)の渋滞予測!

2017年から2018年の年末年始(12月28日から1月4日)の渋滞予測が発表されました。

発表したのは、以下の道路会社です。

  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本
  • JB本四高速
  • (公財)日本道路交通情報センター

下りのピークはいつ?

2017-2018年末年始は、週末と重なってしまっているので、カ休みが短いですね。(T_T)

30日が土曜日で、31日が日曜日って・・・(汗)

出典:http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464515_01.JPG

渋滞回数(回)というのは、10km以上の渋滞が発生すると予想される回数のことです。

年末に最も混雑すると思いきや、下りのピークを迎えるのは1月2日なのですね。。。

年末に分散して地方から首都圏にやってきた方達が、1月2日に一気に戻るからなのでしょうか。

 

上りのピークは?

上りのピークも、年明け1月2日となっていました。

1月3日も混雑が予想されます。

出典:http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464515_01.JPG

カレンダーからして、ピークをずらすというのもなかなか難しそうですね。

1月1日の元旦に地方の帰省先から首都圏に戻ってくるというのもなんですし、1月4日は仕事始めという方も多いでしょうし・・・

 

東名高速道路などの渋滞のピークは?

こちらも情報が載っていました。

実際にはこれよりも長い距離の渋滞になるかもしれませんね。

出典:http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464515_01.JPG

やはり東名高速道路では長い渋滞が見込まれますね。

東京・名古屋・京都・大阪を結ぶ大動脈なので仕方ないのでしょうか。

関越自動車道や東北自動車道もピーク時には35kmもの渋滞が予想されています。

スポンサードリンク

 

渋滞のピークを回避する方法やコツは?

極力渋滞のピークを避けて目的地にできるだけ早く到着したいですよね。

それを少しでも実現させる方法やコツはないものでしょうか。

答えは簡単。

出発時刻をずらすことです。

面白い実証実験のデータが載っていたのでご紹介しておきます。

2016年1月2日(土)に東名の静岡ICから東京ICまで利用した場合、出発時刻をずらしたことで、渋滞を回避でき、所要時間が2時間半も短縮できたとのこと。

「出発時間をずらす」というのは一考に値しますよね。

出典:http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464515_02.pdf


出典:http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464515_02.pdf

 

まとめ

今回は、2017-2018の年末年始の高速道路の渋滞予測をまとめてみました。

ご参考になれば幸いです。

ではまた。

 

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-面白・なるほど