流行語大賞2018の候補は?トップ10ノミネートを予想してみた

「今年もあと〇〇日」なんていう声が聞かれ始めると、流行語大賞も気になってきませんか。

2018年、今年もいろいろありました…。

その中で生まれ、使われた、たくさんの言葉の中で、流行語対象の候補、更にはトップ10に選出されるのはどの言葉でしょうか。

2018年の出来事を振り返りながら、予想してみたいと思います。

スポンサードリンク

流行語大賞とは?選考基準や選考委員も

まず、簡単に流行語大賞について、おさらいです。

正式には、「現代用語基礎知識選 ユーキャン新語・流行語大賞」と言います。

通信教育、生涯学習でおなじみの「ユーキャン」主催のイベントなのです。

ユーキャンによりますと、「現代用語基礎知識選 ユーキャン新語・流行語大賞」の概要、選考方法については、下記の通りだそうです。

「この賞は、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。

1984年に創始。毎年12月初めに発表。

『現代用語の基礎知識』収録の用語をベースに、自由国民社および大賞事務局がノミネート語を選出。選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。

選考委員会は、姜尚中(東京大学名誉教授)、俵万智(歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、清水均(『現代用語の基礎知識』編集部長)で構成される。

※授賞が「トップテン=大賞」の方式になったのは第11回から。それ以前は、【新語部門】【流行語部門】【表現部門】等を設け、それぞれに授賞語を選定した。」

※ユーキャン「現代用語基礎知識選 ユーキャン新語・流行語大賞」https://singo.jiyu.co.jp/old/index.htmlより引用

ということで、現在は、トップテンを選び、その中から年間大賞を選ぶ方式になっています。

つまり、流行語大賞は、

  1. 流行語の候補を多方面から収集
  2. その中からノミネート語が選ばれる
  3. トップテンが選ばれる
  4. トップテンの中から年間大賞が選ばれる

の手順を踏んで選ばれるようですね。

スポンサードリング

過去の流行語大賞の一覧!

流行語大賞の概要と選考方法がわかったところで、過去の受賞を少し見ていきたいと思います。

過去5年間の大賞と受語は、次の通りです。

大賞 受賞語
2017年 「インスタ映え」
「忖度」
「35億」「Jアラート」「睡眠負債」
「ひふみん」「フェイクニュース」
「プレミアムフライデー」「魔の2回生」
「○○ファースト」」
2016年 「神ってる」 「聖地巡礼」「トランプ現象」「ゲス不倫」
「マイナス金利」「盛り土」
「保育園落ちた日本死ね」「ポケモンGO」「(僕の)アモーレ」「PPAP」
2015年 「爆買い」
「トリプルスリー」
「アベ政治を許さない」
「安心してください,穿いてますよ」
「一億総活躍社会」
「エンブレム」「五郎丸(ポーズ)」「SEALDs」「ドローン」「まいにち,修造」
2014年 「ダメよ~ダメダメ」 「集団的自衛権」「ありのままで」
「カープ女子」「壁ドン」「危険ドラッグ」
「ごきげんよう」「マタハラ」
「妖怪ウォッチ」「レジェンド」
2013年 「今でしょ!」
「お・も・て・な・し」
「じぇじぇじぇ」
「倍返し」
「アベノミクス」「ご当地キャラ」
「特定秘密保護法」「PM2.5」
「ブラック企業」「ヘイトスピーチ」

年間大賞は1語とは限らないようですね。

2017年は2語、2013年に至っては4語が年間大賞に選ばれています。

それにしても、あ~、こんなことあったな~という言葉あり、今やすっかり使われなくなってしまったっ言葉あり…。

政治、世間を騒がせたニュース、芸人さんのネタ、スポーツ界から…etc.

時代の変化と、その移り変わりの速さに驚かされますね。

流行語大賞2018の予想は?

2018年の流行後を予想するにあたり、今年の出来事を少し振り返ってみます。

  • 2月、3月:平昌オリンピック・パラリンピック、文書改ざん問題
  • 6月:サッカーワールドカップ、決勝トーナメント進出
  • 7月:オウム死刑囚の死刑執行、西日本豪雨、国内最高気温更新(埼玉 熊谷)
  • 9月:北海道胆振東部地震、安室奈美恵さん引退、大坂なおみ選手がテニスのグランドスラムで初優勝
  • 10月:第4次安倍内閣発足、本庶 佑氏がノーベル医学生理学賞を受賞、築地市場移転

この中から、よく使われるようになったのが、

  • 「そだね~」/平昌オリンピック・女子カーリングチーム
  • 「もぐもぐタイム」/平昌オリンピック・女子カーリングチーム
  • 「大迫 、ハンパないって!!」/サッカーワールドカップ・日本代表FW大迫勇也選手を讃えて
  • 「なおみ」/テニス・大坂なおみ選手

ではないでしょうか。

スポーツは、人々の心に残る感動を与えてくれるのだと、つくづく思います。

この中で、候補→ノミネート→流行語大賞に選ばれそうなものは、ズバリ!

「そだね~」

だと思います!

言い方が柔らかく、これからも使いそうな言葉ですし、何より、日本中が応援した、平昌オリンピック・女子カーリングチームの爽やかな笑顔を思い出しますからね。

また、この他にノミネートされる言葉として、

  • もぐもぐタイム
  • 大迫 、ハンパないって!!
  • 免疫療法
  • なおみ
  • 安室奈美恵
  • 築地市場
  • モリ・カケ(森友・加計問題)
  • 全員野球内閣
  • 閉店セール内閣

(※順不同)

が選ばれるのではないかと予想しました(^○^)

まとめ

流行語大賞2018の候補を予想してみました。

この中で、トップテンにノミネートされるのは、いくつあるでしょうか。

現代の日本は、SNSやネットの世界が当たり前の世代と、そうでない世代が同居しています。

流行語、と一口に言っても、国民全員が知っている、またはよく使う言葉ばかりではないかもしれません。

とはいえ、流行語大賞として記録に残る言葉があることで、来年、再来年、そしてその後に、「2018年って、こんな年だったんだ」と思い出すことでしょう。

そのとき、少しでも明るい気持ちになれる言葉が選ばれるといいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする