時事・速報

ブラック企業大賞の候補と選考理由は?授賞式の日程とランキング予想!

2017年のブラック企業大賞どこの企業になるのでしょうか。

今年2017年で6回目を迎える「ブラック企業大賞」。

「流行語大賞」、「今年の漢字」などと並んで、すっかり定番のイベントとなった感じですね。

本日11月27日(月)に、大賞候補の企業9社が発表されました。

ネット投票は、本日11月27日(月)~12月22日(金)17:00まで。

  • ノミネートされた大賞候補の企業はどこか
  • その選考理由は何か

といったことについて、調べてみることにしました。

また、ランキングやブラック企業大賞の受賞式の日程についてもリサーチしてみました。

わかったことをシェアしますね。

スポンサードリンク

ブラック企業大賞候補にノミネートの9社はどこ?

ブラック企業大賞にノミネートされていたのは、以下の9社です。

  1. ゼリア新薬工業株式会社
  2. 株式会社いなげや
  3. パナソニック株式会社
  4. 新潟市民病院
  5. 日本放送協会(NHK)
  6. 株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西
  7. 大成建設株式会社・三信建設工業株式会社
  8. 大和ハウス工業株式会社
  9. ヤマト運輸株式会社

 

スポンサードリンク

ブラック企業大賞候補に選考の理由は?

では何故、上記の9社はブラック企業大賞の候補にノミネートされたのでしょうか。

「簡潔に一言で「選考の理由」って何なのさ!?」と知りたくなって調査を開始したところ、どんぴしゃでまとめてくれている方がいらっしゃいました。

感謝です!!

どれも、長時間残業の末に、社員が自ら命を絶ったことが原因となっていますね。

夜中には、「なんでそこまでして・・・(離職すればいいじゃん)」みたいに簡単に言う人はいます。

また、特に長時間労働が当たり前だったかつてのモーレツ社員(今は現役を引退している年配層)の中には、「甘っちょろい。だいたいオレの時代は・・・」と武勇伝を語りだす人もいそうです。

 

しかし、そんな職場は、個人の正常な思考力を奪っていくのでしょう。

かつても隠蔽して表沙汰にならなかっただけで、長時間労働を強いた結果、自ら命を絶ったケースはあったはずです。

ブラック企業と呼ばれる組織では、意図的か無意識にかわかりませんが、被害になる個人が声を挙げられないような状況が徐々に作られていくと想像します。

そして、その人が仕事を抱え込まざるを得ない状況を作り出し、その人は誰にも相談できず、途方に暮れ・・・・そして最後は最悪の事態になる、という構図があるかと思います。

 

 

実はリアルな話として、筆者が異動したばかりの職場で、自ら命を絶った方がいました。

ここ3年以内の出来事です。

原因はパワハラ。

加害者は、「そんなつもりはなかった」「指導のつもりだった」とか言うんですよね。

でも、「んなわきゃね~だろ」って思いました。

結局、加害者側は諭旨解雇ととなりましたが。

 

ブラック企業のランキングは?大賞を予想!

12月23日(土)に大賞が発表になりますが、この9社の内、大賞はどこになるでしょうか。

11月27日(月)から投票が始まっていますが、すでにアリさんマークの引越社がぶっちぎりの状況ですね。

このまま行ってしまうのでしょうか。

最新の投票状況はこちらから確認をどうぞ。

筆者が確認した11月27日の時点では、引越社、NHKが突出している感じでした。

 

引越社の選定理由を深掘りして調べてみると、とんでもないことが書かれてありました。

引越社グループは、引越社関東所属の男性営業社員をシュレッダー係に配転したり、懲戒解雇したしりした。
懲戒解雇においては、その理由を「罪状」などと記載して男性の顔写真を入れた書類(罪状ペーパー)を、引越社グループの店舗に掲示するなどした。
さらに、同社は同様の文面を全従業員に送る社内報にも掲載し、送付した。

出典:http://blackcorpaward.blogspot.jp/

・・・酷すぎる!

この男性社員がこんな目にあったきっかけはというと・・・

男性が労働組合(プレカリアートユニオン)に加入したから

というもの。

え!?(゚A゚;)ゴクリ

これが原因で社員をそこまで追い込むの?

筆者は読んでいて、怒りがこみ上げてきました。。。

アリさんマークの引越社、絶対利用しないと心に誓いました。。

 

まとめ

今回は、ブラック企業大賞2017にノミネートされた企業の一覧とその選考理由について調べてみました。

12月23日(土)に授賞式とのことですが、大賞に選ばれた企業は出席するのでしょうか。

そんな場にノコノコ出席するブラック企業などないですよね・・・

 

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-時事・速報