日産上場廃止での従業員への影響は?持株会を即退会で売却できないのか

もし、日産が上場廃止となったら、そこで働く社員(従業員)にはどんな影響があるでしょうか。

今回は、想定されることをまとめてみたいと思います。

ひとつ言えることは、奨励金を利用して持株会に加入し、自社(日産自動車)の株を多く積立てて来た方は、個人の資産形成において大きなリスクに晒されている、ということです。

持株会のデメリットが思いっきり出てしまったケースですね。

持株会を即時退会して株を売却できないものでしょうか。

スポンサードリンク

日産が上場廃止する場合の従業員への影響は?

日産が有価証券報告書の虚偽記載をしていたことが事実だとすると、それは上場廃止の基準に抵触します。

これは、先日お伝えした通りですね。

実際に今回の事件が原因となって、上場廃止となると、最悪の場合以下のような負のスパイラルに陥ることが想定されます。

  • 世の中のブランドイメージの低下
  • 社員(従業員)の会社への帰属意識の希薄化
  • 売上・利益の低下
  • 工場閉鎖・売却などの資産圧縮
  • ボーナスや給料のカット
  • 人員整理などのリストラ
  • 従業員のモチベーション低下

筆者がもし従業員の立場なら、「もうやってらんねーよ(怒)」と怒りの気持ちになっていると思います。

一方で短期的に一番気になるのは、給料やボーナスがどうなってしまうのか、ということでしょうか。

お金の話をすると、給料やボーナスは定期的に入ってくるフローです。

このフローが細ってしまうと、かなり痛いです。

下手すると、職を失ってしまう可能性だってあり、その場合はフローが絶たれてしまうリスクもあります。
(失業保険というフローはありますが。)

もしそんな状況に陥った場合、流動性のある資産(現金・預貯金・株・債券)を保有していれば、一時的なピンチを回避でき、心理的には救われるでしょう。

しかし、従業員持株会に加入していて、個人資産の中で「日産株の比率が高い」という方は、さらに痛い思いをします。

長年積み上げてきた保有株は、ストック(蓄え・資産残高)です。

上場廃止になるということは、実質的に株式の価値がなくなるということですから、資産残高が大きく目減りすることになります。

つまり、フローでもストックでも痛手を受ける「泣きっ面に蜂」「股裂き」状態になります。

スポンサードリング

従業員持株会を即時退会して株を売却できない?

日産株は下落基調が見えており、さらには上場廃止の可能性もあります。

こんな状況の中で、持株会に加入している方達の思いは、「即時退会して、値があるうちに株を売却したい!」というものと想像します。

では、これはスグにできるのでしょうか。

もし直ちに日産を退職するとなれば、持株会構成員としての要件を満たさなくなるので、即退会は可能でしょう。

持株会の退会から株式売却の流れ

問題は、日産は退職するつもりはないけど、株式の売却だけをしたい場合です。

流れとしては以下の通りです。

  1. 証券会社に口座開設(既にあれば手続き不要)
  2. 持株会の事務局(総務部とか労働組合とか)に退会の意思を伝え、退会届を取り寄せる
  3. 必要事項を記載し提出
  4. 持株会の証券口座からご自身の証券会社の口座への株式の振替
  5. 株式の売却

ただ、持株会の退会届を受付ける時期は、1か月とか3か月ごという制限がかかっている場合もあるでしょう。(筆者は日産の事情は知りません。)

また、会社によっては、退会届のフォーマットをなかなか渡さないとかの仕打ち(?)を受けることもあるようです。

日産の場合はわかりませんが、現在の状況からすると、会社側が対応を渋るということも想定されます。

何故なら、従業員が一斉に持株会を退会して株式を売却してしまうと、株価はさらに大きく下落する要因になりますからね。

まとめ

今回は、日産が上場廃止となった場合の従業員への影響を考えてみました。

持株会を資産形成をメインにしている人は、人生のリスクに晒さているはずです。

上記でご説明した通り、フローが細り、ストックも大きく棄損する可能性があるのですから。

なので、筆者からあなたへの提言は、従業員持株会はやらない、やったとしてもほどほどにしておく、というものです。

奨励金とか税制で有利とかそんなことに目がくらんでも、今回のように会社が危機に陥ってしまったら、あなた個人としてはほとんど何もなす術がないからです。

今回の事件は、カルロス・ゴーン前会長とその側近数人が引き起こした事件の可能性が高いです。

日産社内で働いていた従業員にとっては、ゴーンの裏切り行為以外ないですよね。

まったくひどい話です。

※この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする