新元号に変わる2019年5月1日に入籍するカップル続出?その理由とは!

もし、あなたがこれから入籍日を決めるとしたら、新元号になる2019年5月1日を選びたいですか?

世の中ではなぜか、改元日(新元号に変わる日)に結婚を予定する人が続出するようなのです。

改元日に入籍をした場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

その理由をまとめてみました。

スポンサードリンク

新元号が始まる2019年5月1日に入籍する理由は?

現在は2019年4月末をもって現天皇陛下が退位され、翌日の5月1日(水)から新元号が始まります。

実は、この5月1日は2019年に限り祝日になることが決まっています。

5月1日は「即位の礼」の第1弾ということで2種類の儀式を予定しています。

現皇太子さまが即位され、改元される瞬間を国民で祝うために祝日にしよう、ということなんですね。

祝日に結婚ができるということと、改元日に結婚ができるということで、記念日感が増しますね。

これが、2019年5月1日に入籍する理由ですかね。

一生忘れられない結婚記念日になりそうな感じはします。

改元日ということで日本国民も温かい気持ちに包まれ、気持ちの良い1日が過ごせそうですね。

もし結婚を予定していた場合、せっかくなら世間が明るくなっているときに入籍したいと感じました。

改元日に結婚なんて滅多に無いことですし、まさにレアな結婚記念日になりますからね。

2019年5月1日に入籍するもう一つの理由とは?

実はもう一つの理由があります。

この5月1日は、日本国民が毎年楽しみにしているゴールデンウィークの真っただ中!

そしてその前日の4月30日は現天皇陛下が退位なさる日で、この日も祝日となります。

ということは、ゴールデンウィークの休日と合わせて10連休!

毎年ゴールデンウィークはやってきますが、これだけ長期のお休みはめったにありません。

このタイミングを見計らい入籍をしようと考えている人が多いのです。

新婚旅行や結婚式など、新婚さんは幸せな行事で大忙しになりますからね。

2019年5月1日に入籍するカップルは増える?

カップルにアンケートを取ったところ、改元日に入籍を考えているカップルは非常に多いようです。

改元日はまさに「新しい日本の始まり」とも言える、特別な1日になります。

この日に入籍した場合、新しい日本の始まりと同日に「夫婦としての生活」が始まることになります。

なんか、目には見えない強い絆で結ばれたような感覚になるんでしょうかね・・・。

「改元日に結婚をしたんです」と言うと、「縁起がいいですね!」と返されそうですね。

この幸せな気持ちのまま、もし10連休を夫婦としてパートナーと過ごすことができるのは幸せかもしれません。

まとめ

新元号と結婚は一見関連性が無いように感じていた方も多いのではないでしょうか。

しかし新しい人生を歩む夫婦と、新しい歴史を刻んでいく日本…。

同じ日に新しいことを始められたら、きっと夫婦生活も明るいものになるように感じますね。

どんな形であっても、この改元と言う瞬間を国民が楽しみにしているんだな…と感慨深くなります。

祝日になったら、国民みんなで喜びを共有し合いましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする