新元号でベビーブームが到来する?原因や理由についての考察!

2019年5月1日から新元号に変わります。

それに伴って、子供を授かろうとするご夫婦が続出しているとのこと。

これを聞いた時私は、え!?なぜ?理由は?と思いました。

新元号とベビーブームは、一体どんな関連性があるのでしょうか?

この原因や理由についてまとめました。

スポンサードリンク

新元号でベビーブーム到来は本当?

現在日本は深刻な少子化と言われており、何かとこの話題が上がります。

日本の未来が不安になってしまうような、暗い気持ちになりますね…。

そんな中で、2019年度は出生数が一瞬増加すると言われているのです!

女性雑誌やニュースなどでは、実際にカップルや夫婦にアンケートを取るところが多く、新元号の元年中に出産をしたいという声が非常に多かったのです。

「これをきっかけに妊活を始めた」という意見も多く、前向きな回答がほとんどでした。

ただ、筆者の知人の20代の女性の話では、新元号の元年中に出産したいという人は見られませんでした。

まだ結婚しておらず、彼氏がいる人が多いですが、そこまでこだわりがないようです。

新元号だから結婚を妊娠をと言う話は、聞いたことがない~と一蹴されてしまいました。^^;

年齢によっても、考え方は変わってくるのかな?と思います。

また、ご両親から元年中に出産をしては?と勧められたカップルも非常に多いようです。

筆者は次に、「もし、両親から元年中に出産しては?と勧められたらどう思う?」と聞いてみたんです。

そしたら、「いや、赤ちゃんは授かりものだし、いつ生まれても可愛いことには変わりない」だから、「いつでもいいかなとも思うのですが・・・。」

とぐうの音も出ないほどの正論で、筆者は返す言葉がありませんでした(笑)

とにかく、改元をきっかけに、日本国民が変化しているように感じますね!

さーて、これが実際の出生率の統計にどういう影響があるのか、興味がありますね。

出典:内閣府-厚生労働省

新元号でベビーブームになるのはなぜ?原因や理由が気になる!

周りに平成元年生まれの人がいると、「凄い、レアだ!」と感じたことはありませんか?

もしあなたが元年生まれだった場合、「珍しいね、いいなあー。」と言われたことがあるでしょう。

改元年に出産を考えているカップルは、“この特別感”に浸りたいのでしょう。

このことが、新元号だとベビーブームになる原因というか理由なのですかね。

合理的な理由というよりも感情の問題ですよね。

確かに「元年生まれ」はとてもレアですし、なんだか名乗る時にカッコ良い気もします。

そしてこの先新元号が何年も続いても、元年はこの年だけになりますよね。

元年に出産できるご夫婦は限られていますし、せっかくなら元年生まれにしたい、

そして、2018年は平成が終わる最後の年、どうせならこの最後の年ではなく、新しい日本が始まる最初の年に産みたい!という意見が多いのです。

新元号の元年に出産したいという考えを持っている方々は、新元号の元年に出産したいという気持ちがとても強いように見受けられます。

スポンサードリング

新元号の元年に出産すると縁起が良いのか?

元年に出産をしたい夫婦が多い理由は、「縁起が良いから」という理由も非常に多いです。

たしかに最近でも、ベビーブーム到来かみたいに言われていた時期があります。

  • 2000年のときは、ミレニアムベビー
  • 21世紀のスタートである2001年のときは、新世紀ベビー

として。

新しい何かが始まる最初の年は、文字通り最初で最後ですし特別ですよね。

この特別な年に出産ができれば、赤ちゃんにもご利益があるように感じるそうです。

元年に出産…なんだか赤ちゃんにご利益がありそうですね!

そのように縁起がいいからご利益があるからという考え方をすると、新元号の元年に出産をしたいという方々の気持ちも分かるような気がします。

まとめ

今回は、新元号でベビーブームになるのはなぜなのか、その原因・理由について取り上げました。

最近日本では災害や少子化など、明るいニュースが少なく感じていました。

しかしこうした明るいニュースはこちらまで嬉しくなりますね!

いつ産んでも大切な赤ちゃんには変わりないし、と思うのですが縁起がいい、ご利益がありそうなら新元号の元年に出産もいいかなとも思えてきました。

とにかくベビーブームとのことですので、妊娠中の方が多い世の中になります。

そうなると、皆様の配慮がとても大切になってきますね。

無事に健康な赤ちゃんを、新元号の元年に出産できますように。

※この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。

新元号に変わる2019年5月1日に入籍するカップル続出?その理由とは!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする