不祥事

鶴保庸介衆院議員の後援会長の名前は?鹿児島の採石業者がどこか調査

また政治家のカネがらみのスキャンダルがでてきましたね。

和歌山県選挙区の鶴保庸介衆院議員(自民党)の後援会長が、鹿児島県の採石業者から多額の資金を受け取っていたというのです。

報じたのは、日本共産党系の新聞「赤旗」

カネは、鶴保議員への面会料の名目で、合計で850万円とも1,000万円超ともいわれています。

この採石業者は、沖縄県の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事をめぐり、前沖縄北方担当相の鶴保庸介参院議員に陳情を行っていました。

鶴保議員の後援会は、「参議院議員鶴保庸介後援会 関西千年会」というのですが、その会長の名前はまだ明らかになっていません。

また、このニュースでは、「鹿児島の採石業者」と出ていましたが、具体的にどこの業者なのかもハッキリとは出ていませんでした。

具体的にどこなのか気になったので、調べてみることにしました。

わかったことをシェアしますね。

スポンサードリンク

関西千年会(鶴保庸介参議員後援会)の会長の名前は?

知りたいのは、鶴保議員の後援会長の名前です。

そのためには、「参議院議員鶴保庸介後援会 関西千年会 会長」の名刺を持つ人物が誰かを特定する必要があります。

報道されている情報をまとめると以下のようになります。

  • 後援会長は、「1回動いたら10万円」「鶴保と会うにはお金が必要」と業者に要求した
  • 採石業者は、後援会長に“面会料”や顧問料などの名目で1千万円超のカネを渡した
  • また、高級車も後援会長に無償貸与した

後援会長は、鶴保議員が沖縄北方担当相に就任する前の2016年2月に、この採石業者と面会しています。

その後、鶴保議員が同相就任後の2017年5月までの間に、合計計11回面会しています。

後援会長は、採石業者から辺野古の埋め立て工事に参入できるように陳情を受け、(その見返りをほのめかして(?))50万~300万円を面会料を受け取っていたとのこと。

業者は、「面会料の入った封筒を受け取った後援会長が、1人で大臣室に入ることがあった」と話していることから、鶴保議員も関与していた可能性も現時点では否定できませんね。

さて、肝心な会長の名前ですが、現時点ではまだ明らかになっていません。

判明次第あなたにシェアしますね。

※追記:

後援会会長の名前は、高良健という方ではないでしょうか。

高良健という人物は、

  • 鶴保議員の後援会の発起人
  • 医療法人陽心会の理事長

とのこと。

以下は、後援会の会長の名前が、高良氏だとする根拠です。

2017年3月に発足した鶴保庸介沖縄・北方担当相の沖縄後援会の第1回総会と常任理事会が20日、那覇市のホテルロイヤルオリオンであり、役員体制や規約などが承認された。

会長には、後援会の発起人で医療法人陽心会の高良健理事長が就任し、顧問には国場幸之助衆院議員、幹事長に當山智士かりゆし社長が就いた。

出典:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-499747.html

ココにもありますね。

 

琉球新報の記事には、後援会の副会長の名前も挙がっていました。

  • 砂川博紀・・・JA沖縄中央会長
  • 大城宗憲・・・南都創業者

更に、常任理事には、会長、副会長に加えて以下の人物の名前もありました。

  • 呉屋守章県工業連合会長
  • 下地米蔵県建設業協会長
  • 末吉康敏県産業振興公社理事長
  • 東良和沖縄ツーリスト会長
  • 當山かりゆし社長

シロの可能性もありますが、この方々にも疑惑の目が向けられることは必至ですね。

 

赤旗による今回のスクープよりもずっと前の5月に、こんな書き込みがあったのですね。

この方の見立ては正しかったのかもしれませんね。

 

※もし、情報が間違っていたら訂正いたします。m(_ _)m

スポンサードリンク

鹿児島の採石業者はどこ?

今回の疑惑を明るみにしたのは、この業者側です。

業者側の主張はこんな感じでしょうか。

  • 純粋に仕事を受注できるように鶴保議員宛に陳情活動
  • 政治家との付き合い方については、不慣れ
  • 窓口は後援会会長で、その会長から金銭を要求された
  • 政治家との付き合いの勝手がわからなかったし、断れば工事の受注が望めないのでやむなく金を渡す

この業者は、2016年7月の参院選でも社員を選挙協力のために駆り出しています。

その際の社員の給与や有権者との飲食費など数百万円は、業者側の負担とのこと。

この行為は、公職選挙法違反の疑いもありますよね。

ごめんなさい。

業者名もまだ特定できていません。

…時間差だと思いますが。。

 

まとめ

今回は、鶴保庸介参院議員の後援会会長による金銭授受の疑惑について取り上げました。

上記で述べたことが事実であれば、安倍政権がまた非難される材料となりますね。

ただ、問題が明るみになったのは、2017年10月の衆院選後のタイミングなので、ある意味安倍自民党にとってはラッキーなのではないでしょうか。

これが、衆院選期間中であれば、選挙の結果は変わっていたのかもしれませんね。

業者がなぜこのタイミングで暴露した理由も気になるところです。

ではまた。

 

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-不祥事