スポーツ

ティモシーラファエレ(ラグビー)の経歴や国籍!結婚して帰化してる?

2017/06/04

先日は、「6月に行われるラグビーのテストマッチの日本代表メンバーが発表された」という記事をご紹介しました。

今回iSee-Labでは、その中でティモシー・ラファエレ選手に注目しました。

理由ですか?

イケメン選手として今後、注目されそうだからですよw

経歴や出身(国籍)、結婚して日本に帰化しているかなどについて調べてみましたよ。

調査してみて、多分筆者の見立ては正しい気がしています・・・多分(笑)

お楽しみに!

スポンサードリンク

ティモシー・ラファエレ選手の経歴

まずは、ティモシー・ラファエレの経歴をまとめてみました。

 

 

  • 生年月日 1991年8月19日
  • 年齢  25歳 (2017年5月現在)
  • 出身地 ニュージーランド(NZ)
        (出生場所は、サモアのアピア)
  • 身長 186cm
  • 体重 98 kg
  • 愛称 ティム
  • 高校 デラセラカレッジ(男子校)
  • 大学 山梨学院大学

ティモシー・ラファエレ選手には、姉が3人もいて、ご自身は末っ子です。

ラグビーを始めたのは6歳の頃。

きっかけは、父親やおじさん(父親の兄弟)が全員ラグビーをやっていたからとのこと。

ラグビーをやる環境が自然と整っていて、さすがはラグビー強豪国ですね。

出身高校は?


高校は、デラセラカレッジという男子校です。

全校生徒の90%くらいラグビーをやっている強豪校で、2008年にはNZ国内で優勝しています。

U18オークランド代表に選出経験もあります。

 

日本に来たきっかけと出身大学は?

2010年、高校卒業後は、日本に渡り山梨学院大学入学します。

そのきっかけは、山梨学院大学ラグビー部吉田浩二監督からのスカウトです。

当時、山梨学院のラグビー部は関東大学リーグ戦で2部に属し、1部昇格を狙っていたのが背景なのでしょう。

2013年に行われた入替戦では拓殖大学に勝利し、1部昇格を果たしています。

ティモシー・ラファエレ選手にとっては、大学時代の最後の試合ということもあり、これまで最も印象に残っている試合だそうです。

所属するトップリーグのチームとテストマッチ選出の道のりは?


2014年4月、山梨学院大学卒業後にコカ・コーラレッドスパークスに加入。

2014年10月、キヤノンイーグルス戦にて先発出場で公式戦初出場。

2016年11月、日本代表初キャップを獲得(アルゼンチン戦に途中出場)。

2016年12月、スーパーラグビーサンウルブズで、2017年スコッドに入りました。

スコッドに入ったというのは、日本代表に選出されるための強化選手になったということですね。

そして、今回2017年6月に行われるテストマッチに日本代表選手として選出されました。

ティモシー・ラファエレ選手の目標は、2019年のワールドカップ日本大会での日本代表入りですから、一歩一歩その目標に近づいている感じですね。

新生ジャパンのイケメン(男前)枠!

イケメンとしても、存在感を増してきました!!

出典:SUNWOLVES

既に女子達がザワザワしている感じです・・・(笑)

 

スポンサードリンク

ティモシー・ラファエレの国籍は?結婚して帰化してる?

いろいろ調べてみたのですが、国籍に関する情報は見当たりませんでした。

これは筆者の想像ですが、現時点ではニュージーランドの国籍のままのような気がします。(現時点で日本には帰化していないのではないでしょうか。)

ティモシー・ラファエレ選手は、コカ・コーラレッドスパークスの本拠地がある福岡に住んでいるようですね。

取材記事によると、彼女はいるようです(笑)

休みのときは、家でリラックスしたり、友だちや彼女と海に行ったりします。
志賀島まで車で10分くらいなので、いいですよ
出典:http://rugby-rp.com/column.asp?idx=109827&code_s=10061014

現時点で、その方と継続されているのか、結婚されているのか、それもと・・・とかは不明確ですが(笑)

ちなみに、ティモシー・ラファエレ選手がよく行く、志賀島ってここですね。
運が良ければ会えるかも・・・w。

まとめ

今回は、2017年6月に行われるラグビーのテストマッチで、日本代表として選出されたティモシー・ラファエレ選手を取り上げました。

まだ25歳と若く、伸びしろがかなりある選手だと思います。

今後の活躍に期待したいですね。

ではまた。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-スポーツ