時事・速報

すき家の値上げの時期はいつ?ゼンショーHDチェーンへの波及で株価は?

すき家の牛丼が値上げとなる見通しです。

現在のすき家の牛丼価格は、以下の通りになっています。(税込み)

  • 並盛:350円
  • 大盛:470円
  • 特盛:580円

値上げは、並盛以外の牛丼、つまり大盛や特盛を中心に実施することを検討中とのこと。

また、併せてサラダや味噌汁などサイドメニューも値上となる可能性が高いです。

気になるのは、いつから値上げをするのか、ということではないでしょうか。

また、すき家を傘下に持つゼンショーホールディングスは、すき家以外にも多数の外食チェーンの店舗も運営しています。

それらの店舗(ブランド)へも値上げが波及することはあるのでしょうか。

スポンサードリンク

すき家の値上げの時期はいつ?

気になるのは、値上げはいつから実施されるのかということですね。

ゼンショーホールディングスの発表によると、2018年3月末までのタイミングで値上げを実施する見込みとのこと。

 

吉野家や松屋も値上げを実施する?

こうなると、ライバルの吉野屋や松屋も値上げするのではないかと心配になりますよね。

これについて、

  • 吉野家:「現時点で値上げの計画はない」(河村泰貴社長@10月上旬の決算会見)
  • 松屋:「(当面は)現状維持。現段階では値上げの計画はない」(松瓦葺一利社長@10月末の決算会見)

とコメントしており、当面は値上げはなさそうです。

吉野屋が値上げに慎重なのは、過去の痛い経験が頭にあるからです。

というのも、2014年12月に牛丼を300円から380円に値上げした結果、客数が15%ほど減ってしまったのです。

売上は、客単価✕客数ですからね。

すき家の値上げとなると、客数をどれだけ維持できるかにかかっています。

 

 

すき家が値上げする2つの理由とは?

値上げを検討する主な理由は以下の2つです。

  • 人件費の高騰
  • 牛肉価格や米などの食材価格の上昇

世の中人手不足です。

アルバイトの時給は右肩上がりを続き、東京都の最低時給は、2016年時点で932円になっています。

2002年の時点の最低時給は、708円でしたから牛丼チェーンの経営としてはジワジワ来ますよね。

また、牛肉価格やコメといった食材価格の上昇というのもあります。

 

ゼンショーホールディングス傘下のチェーン店も値上げ?

ゼンショーホールディングスの傘下の外食チェーンの店舗には、すき家以外にもたくさんあります。

下の一覧をご覧ください。

これも、ゼンショーだったんだ!っていうのも結構ありますね。

  • 牛丼チェーン「すき家」
  • うどんとどんぶりの店「なか卯」
  • ステーキ・ハンバーグメインのファミリーレストラン「ビッグボーイ」「ヴィクトリアステーション」
  • ラーメン店「伝丸」「壱鵠堂」
  • うどん店「久兵衛屋」など
  • イタリアンファミリーレストラン「ジョリーパスタ」「ジョリーオックス」「フラカッソ」
  • 和食レストラン「華屋与兵衛」「和食よへい」
  • ファミリーレストラン「ココス」
  • メキシカンレストラン「エルトリート」
  • 回転寿司「はま寿司」
  • 焼肉チェーン「宝島」
  • 焼肉としゃぶしゃぶの店「牛庵」「焼肉倶楽部いちばん」「熟成焼肉いちばん」
  • 喫茶チェーン「モリバコーヒー」「カフェミラノ」など

人手不足や食材の高騰は、他の業態の外食チェーンでも同じ状況ですから、同じく値上げに踏み切る可能性がありますね。

ここで決め手となるのは、客足にどれだけ影響がでるのかということなのでしょう。

 

ゼンショーホールディンスグの株価(7550)への影響は?

株価の動向も気になるところです。

  • 値上げを実施→客数が減少しない→業績(売上)アップ→株価上昇
  • 値上げを実施→客数が減少→業績(売上)アップしない→株価下落

という構造ですね。

今後の株価の動向も注目ポイントです。

追記:

11月9日現在のマーケットの反応は以下のとおりです。

チャートが大きく崩れて、陰線をつけていますね。

これは、少なくも市場は客足は減少して、売上高が減少する、と捉えているようですね。

 

まとめ

今回は、牛丼チェーン最大手「すき家」を傘下に持つゼンショーホールディングスが牛丼などを値上げすることについて取り上げました。

値上げの実施は、来年3月末までということがわかりましたね。

今のところ、吉野家や松屋は追随しないという選択をしているようですが、途中で方針を変える可能性もありますね。

 

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-時事・速報