iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

スポーツ

サッカー日本代表、オーストラリア戦に負けてW杯は予選敗退か

2017/04/06

サッカーワールドカップのアジア最終予選の試合が続いています。

10月6日に埼玉で行われたイラク戦では、2-1で勝利。

後半のアディショナルタイムでの試合を決定した山口蛍の劇的なゴールは、スカッとしましたね。

でも事実としては、イラクは2016年9月時点のFIFAランキングで128位と同56位の日本にとっては格下の相手。イラクに勝利したからといってワールドカップ出場が決まったわけではありません。

次の対戦相手は、FIFAランキング45位で格上のオーストラリアです。

素人目線ながら、「イラク戦のような試合していて、オーストラリアに勝てるんか?」と思えてしまいます。

オートラリアに打ち勝って、ワールドカップ出場への望みを繋げてもらいたい、とはもちろん思います。

ただ、むしろオーストラリア戦に負けて、W杯の予選で敗退となってしまった方が、中長期的に考えて将来の日本のサッカーにとっては、プラスな気もするのです。予選敗退が決定的となれば、監督も選手も体制も刷新されてるでしょうから。そもそも、後述する統計にもとづけば、既にサッカーの日本代表チームがワールドカップに出場できる見込みはないのです。

オーストラリアとの一戦を前にして、はなはだ不謹慎な発言ではありますが、あなたはどう思いますか。

スポンサードリンク

 

イラク戦を終えた今の日本の状況

 

日本がワールドカップに出場するには、予選グループの2位に入る必要があります。3位の場合は敗者決定戦により出場となる可能性がありますが、やはり2位以内を目指したいところです。

そこで、イラク戦を勝利した後の日本の順位がこちら。

グループBの順位(10月10日現在)
1位/オーストラリア=勝点7
2位/サウジアラビア=勝点7
3位/UAE=勝点6
4位/日本=勝点6
5位/イラク=勝点0
6位/タイ=勝点0

日本は4位…やばくない?

なんと、イラクに勝ったにもかかわらず、順位が下がったようなんです。
というのも、他の試合の結果、UAEが順位を伸ばしてしまったからのよう。

そんな中、こんな気になる話も…

初戦に敗れた時点で、既に日本のワールドカップへ道は閉ざされた?

ワールドカップアジア最終予選で、初戦に敗れたチームのワールドカップ出場率はなんと0%。
過去5回にわたるワールドカップアジア予選の統計のようですが、0%というのは強烈です。

日本代表は、今回のアジア最終予選の初戦でUAE(アラブ首長国連盟)と戦ったのですが、1-2で負けてしまったんです!しかも悔しい逆転負け…

さらに言えば、日本が同点ゴールを決めていたにもかかわらず、誤審によりノーゴール。
本当に散々な結果でした。

格下と思われていたUAEにホームで逆転負け、しかも0%の統計もあるという最悪の負け試合となったわけです。これは痛い。

予選は2017年9月のサウジアラビア戦まで、7試合が残っています。

 

オーストラリア戦はむしろ負けた方が、日本の将来のため?

次の対戦相手は、現在グループ1位のオーストラリアとの一戦です。

試合開催日 2016年10月11日(火)
キックオフ 18:00-(日本時間)
試合会場 ドックランズスタジアム(豪州)

もちろん勝って、ワールドカップへの望みを繋げてもらいたいとは思います。見事ワールドカップに出場し、欧州の強豪国に勝利する姿を見てみたいものです。そしたら、同じ日本人というだけで、なんとなく誇らしく思えるはずです。経済効果もありますしね。

ただ、これまでW杯の予選で対戦してきたUAEやイラクとの戦いぶりを見ると、どことなくあぶかっかしく思えます。(じゃあ、お前やってみろよ!って言われてもできないんですが(汗))

何故自分がそう思うのかというと、今の組織・体制・選手層ってどことなく硬直化しているように映るからなのでしょう。仮に負けるとすると、一時的には監督や選手が現体制について批判が集まります。監督などは間違いなく解任されるでしょう。ガラガラポンが始まるわけです。

サッカーに限らず、どんな組織でも硬直化したらいいことは起こりません。やっぱり、ガラガラポンとやって現行の体制を刷新する時期って必要なのではないでしょうか。その後に、どんな変化が起きるのかとうことを見てみたい気がしませんか。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-スポーツ