iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

芸能・有名人

SMAP解散後、ジャニーズが事務所移籍を認める可能性と移籍先

2016年の大晦日をもって解散したSMAPですが、解散後もファンが集ってイベントをしたり、ベスト盤のCDがミリオンを達成したりと、まだまだ人気は続きそうです。

テレビなどの報道では、メンバーは解散後もジャニーズ事務所に残るとされています。そのうえで、各自がそれぞれに活動していくようです。

しかしここにきて、事務所を移籍するのでは?という見方がされています。
いったいどういうことなのでしょう。

今回はSMAPの事務所移籍の可能性について考えたいと思います。

 

SMAPメンバーの事務所移籍問題はまだ続いている

SMAPの解散報道が最初に出たのは、去年の今頃。2015年1月21日号の週刊新潮でした。

週刊新潮では、

  • SMAPの育ての親である元マネージャーの飯島三智氏が、ジャニーズ事務所を退社すること
  • 退社のきっかけは、飯島氏と副社長のメリー喜多川の対立にあること
  • 飯島氏の退社に合わせて、SMAPの木村を除く4人が事務所を離脱すること

などについて報道されていました。

この報道を受けてテレビや新聞など、多くの報道がなされ、2016年は新年から驚きのスクープとなりました。その一連の騒動にいたる前にSMAPは、新たな事務所への移籍を図っていたようです。

その移籍先は田辺エージェンシー。

SMAPのメンバーそれぞれと懇意としているタモリの所属する事務所です。

田辺エージェンシーの代表とは飯島元マネージャーも懇意だったようで、当初はSMAPの移籍先となることが決まっていました。

しかし、最終調整の段階になって、メリー喜多川氏が独立を阻止するべく動き始めました。

その時、木村拓哉がジャニーズ事務所への残留を希望するようになり、SMAP内部で意見が分かれることに。

結果として、田辺エージェンシーへの移籍は頓挫。

SMAPはひとまずジャニーズ事務所に残りましたが、最終的には解散となってしまいました。

ここで気になるのは、最終的な決着に納得していない人たちがいることです。

移籍を図ったSMAPのメンバーは、どう思っているのか。
飯島氏は、どうしているのか。

いったんは集結した事務所移籍騒動ですが、その火はまだくすぶっています。

SMAP解散後、最初にジャニーズ事務所から移籍するメンバーと移籍先

 

2017年になり、SMAP解散後の新たな年を迎えました。
メンバーそれぞれの今後については大きな注目を集めています。

ここに来て、ひとまずは棚上げとなっていた事務所の移籍問題が再浮上するのは必至です。
早速、メンバーの一人、香取慎吾の事務所移籍の噂がささやかれています。

香取慎吾はメンバーの中でも、事務所の移籍を強く望んでいたと言われます。

飯島元マネージャーとは幼少期からの付き合いであり、実質的に飯島氏が解雇となったショックは相当大きかったようです。

その香取慎吾の移籍先として噂されているのが、俳優の山本耕史の事務所。この事務所は、山本の母が経営する個人事務所とのことです。

香取慎吾は、山本耕史とNHK大河ドラマなどで共演していますが、プライベートでも懇意だということは有名です。

大手事務所と違い、個人事務所であれば、しがらみも少ないでしょうし、移籍先としては可能性ありだと思います。

少なくとも、遺恨を残しっぱなしのジャニーズ事務所に残るよりは、ずっといいんじゃないでしょうか。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-芸能・有名人