静岡ホビーショー2018バンダイ新製品は?限定品販売や混雑と駐車場も

プラモデル、あなたは子供の頃作りましたか?

子育て中の方は、今は作っていないけど、子供が好きで・・・

という方もいるかも知れませんね。

そんなあなたに、週末のお出かけスポットとして「静岡ホビーショー2018」をご紹介します!

毎年5月に開催される静岡ホビーショーは、国内最大級のプラモ見本市です。

バンダイやタミヤなどおもちゃ業界の有力企業が新製品を展示します。

期間限定販売もあるんですよ!

足を運んでみてはいかがでしょうか。

混雑状況や駐車場の情報も入手して整理したので、ご一読いただければと。

スポンサードリンク

静岡ホビーショー2017の概要は?

静岡ホビーショーは、5月10日(木)から5月13日(日)までの開催です。

ただ、5月10日(木)と5月11日(金)の2日間は、業者招待日で一般の方は入場できません。

なので、一般の我々は週末のお楽しみに。

一般公開日:

  • 5月12日(土)09:00-17:00
  • 5月13日(日)09:00-16:00

という日程になっています。

気になる入場料は・・・なんと無料!!

子育て中のファミリーのお出かけにはとっても嬉しいですよね~。

さらに、一般公開日には中学生以下を対象に、先着1000人にプラモデルなどをプレゼントしてくれるそうです~。

小学生以降のお子さんに「行きたい?」って尋ねたら、即答で「絶対行きたい!」と返事が返って来そうですね。

会場は、ツインメッセ静岡です。

所在地は、静岡県静岡市駿河区曲金3丁目1-10です。

混雑状況や駐車場については、後述しますね。

あまり大きな声では言えませんが、裏技の(?)駐車場もあなたにコッソリ教えますw

スポンサードリング

静岡ホビーショー2018バンダイ新製品と限定品販売情報!

iSee-Labが注目したのは、バンダイホビー事業部の出展ブース。

バンダイと言えば、誰もが知っているキャラのおもちゃを世の中に輩出してきました。

今回も新商品を取り揃え、90点を超える商品が初展示されるとのこと。

発売前の展示ですから、最新ですよ。

ココで、ガンダム繋がりということで、量産型のザクをご紹介します。

懐かしいですね~。根強い人気で、作るのがとっても楽しそう!!

あなたもいかがでしょうか。

筆者がここであーだこーだと語るよりも、足を運んでみるのが一番です。

静岡ホビーショー2018の混雑状況と駐車場は?

静岡ホビーショーの来場者は、毎年7万人以上です。

凄い人気だけあって、2017年の混雑状況はこんな感じでした・・・

そりゃ、ココでしか拝めないプラモデルが揃ってますからね。

せめて、会場にはすんなり入りたいところです。

ということで、車で来る場合の駐車場情報です。

会場のある、ツインメッセ静岡へは東名高速道路・静岡インターチェンジから、車で約15分のアクセスです。

ココには、30分100円の立体駐車場(自走式)のがあるのですが、最大で600台ほどしか停められないのです。

スグに一杯になってしまいますよね。

もちろん主催者側も、駐車場の混雑緩和のために臨時駐車場を2か所用意しているようです。

  • 静岡新聞社本社社員用駐車場
  • JR東静岡駅北側・マークイズとなり

ただ、この場合の難点は、ツインメッセ静岡までちょっと距離があります。

静岡ホビーショー開催期間のみ運行するバス(東静岡ツインメッセ循環線/乗車1回おとな210円 こども110円)を利用することになります。

でも車の方は「会場から近く、歩いて行ける距離の駐車場がないかな~」とお考えの方も多いのではないか、と筆者は思います。

ここで、大きな声では言えませんので、ひとり言をつぶやきます・・・

  • あっ、ツインメッセの隣にはヨーカドーがあるんだ~
  • 駐車場は1,185台分かぁ
  • 土、日、祝日は2時間まで無料??
  • 1,000円以上ヨーカ堂で買い物すると、更に1時間無料になるんだー
  • ってことは、最大何時間無料で駐車場が利用できるんだろう・・・
  • えーと、手続きとしては駐車券とレシートを持ってサービスカウンターに行けばいいんだぁ
  • 駐車券は忘れちゃいかんね!

え?ひとり言をつぶやいただけですけど、何か・・・?

まとめ

今回は、国内最大級のプラモ見本市静岡ホビーショー2018を取り上げました。

本ブログを読んでくださっている読者さんは、会場へのアクセス、駐車場でのパーキングがスムーズにいくことを願っております。

あ、そうそう。

もう一つ情報提供しますと、例年静岡ホビーショーが開催される5月の週末は、静岡が拠点のタミヤ本社が『タミヤオープンハウス』として一般に公開されます。

  • 木製模型時代からの製品や実物のF1マシンなどの展示
  • 普段絶対に見ることのできない設計部門や金型部門などの社内見学
  • ミニ四駆の製作・RCの操縦・スイーツデコレーション製作の体験
    など盛りだくさんの内容です。

よろしければこちらにも足を運んでみてはいかがでしょうか。

※これから情報がアップされるかと思いますが、取り急ぎの情報として。

※この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。

桜えびまつり2018!由比へのアクセスと臨時駐車場や電車ダイヤまとめ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする