iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

時事・速報

西武園ゆうえんちは火事や事故で呪われてる?今後の営業と閉鎖の可能性

2017/05/22

 

5月12日(水)23:30頃、埼玉県所沢市にある西武ゆうえんちで火事がありました。

園内の施設などおよそ700m2が焼けました。

火事の原因は何でしょうか。放火の可能性もあるかもしれません。

警察と消防は13日 から現場検証をしています。

今回に限らず、 西武園遊園地は過去にも火災や事故が相次いでいます。

ネット上では西武園ゆうえんちが呪われているのではないかという声も聞かれます。

5月13日(土)から現場検証していますが、原因は判明しておらず、営業再開のめどはたっていません。

5月15日(月)現在、臨時休園となっています。

相次ぐ火事や事故により、西武遊園地自体が閉鎖/閉園する可能性はないのでしょうか。

スポンサードリンク

 

西武ゆうえんちの火事爆発の原因は何?

今回の西武ゆうえんちの火災 は、およそ2時間後に消し止められ、幸いにもけが人などはいませんでした。

しかし、子供用の遊具や屋台が立ち並ぶ「アーケード大通り」と呼ばれるエリアが被害を受けました。

遊園地は、5月12日午後4時半に営業を終えました。

火事が起きた「アーケード大通り」のすぐ近くには、2012年から使われていないジェットコースターの解体現場があります。

出火当時、複数の作業員が園内の施設にいたとのことですので、作業員のタバコの火の不始末が原因で起きた火災の可能性もあるかもしれません。

また、営業時間外のゆうえんちに外部から侵入した何者かが、「放火」した可能性も捨てきれません。

実は、2014年9月にも同じエリアで不審火による火災が起きています。

この原因については、結局 特定できているのでしょうか。

ネットでちょっと調べてみたのですが、現場検証の結果は見当たりませんでした。

 

西武園ゆうえんちは呪われている?相次ぐ事故や火災

今回起きた火事以外にも西武園ゆうえんちではいろいろ起きています。

iSee-Labで主要なものをまとめてみました。

  • 1981年11月23日 - 「ウルトラマンショー」の開催中、火薬用の導火線から怪獣「ウー」の着ぐるみに引火して着ぐるみが火だるま状態となり、アクターが焼死。
  • 1999年8月 - アトラクションの点検作業中に遊具が動き出し、従業員が遊具と衝突して死亡。
  • 2008年10月17日 - ハングライダーと同系統アトラクション「オクトパス」が停止。油圧ホースからオイル180リットルが漏れ出て、雨水管を通じて大谷川と柳瀬川に流出。
  • 2009年8月19日 - 回転しながら昇降する展望アトラクション「ジャイロタワー」の上昇運転中に、途中の高さ14メートル地点で動かなくなり、立ち往生。
  • 2012年9月30日 - ローラーコースター型のアトラクション「ループ・スクリューコースター」の走行中、安全バーのロックが外れた。乗客にケガはなかったものの、原因究明まで運転を休止。その後、再開を検討したが老朽化のため断念し2017年2月27日から撤去工事が開始
  • 2014年9月2日 - 未明に飲食屋台で火災が発生。飲食店5棟が全焼。事故当日は臨時休園日だったため、けが人はなし。

今回や2014年の不審火といい、何かに呪われていると言われても仕方ないかもしれませんね。

スポンサードリンク

今後の営業と閉鎖の可能性

2015年における西武園遊園地の入場者数は、 約59万人とのデータがありました。

首都圏の他のテーマパークや遊園地などとの競争も激しくなっています。

施設の老朽化が進んでも、入場者数の増加が見込めないため、思い切った設備投資もできていないようです。

ネガティブに捉えた利用者もいらっしゃいます。

“お金の無駄でした。”
2012/09/03に投稿しました
西武ドームに早く着いてしまったので、時間潰しに子供(7才)と行ってきました。
フリーパスにしようか悩んだけど、入園料(大人1000円小人500円)だけ払ってよかったです。

いざ乗ろうと思っても、乗り物は古くさい、乗り物少ない‥乗りたい乗り物がなくて結局乗りませんでした。元気のない遊園地なので子供もテンションあがらず、時間潰しに太鼓のゲームやボールのゲームをしてドームに戻りました。

あんな遊園地で入園料を取るなんてないですね~群馬県の華蔵寺遊園地は入園料もないし、そこの方が充分楽しめます。
園の草木の手入れもできてないし、寂れた遊園地でした。
二度と行くことはないです。

出典:トリップアドバイザー

負の循環が繰り返されると、既存設備のメンテナンスも次第に簡略化・省略化してお金を掛けなくなっていく、と筆者は感じました。

今後の営業はどうなるのでしょうか。

遊園地自体が、閉鎖になる可能性もあるかもしれませんね。

※5月22日追記-----------------------

筆者が上記のように書いたところ、読者さん(Wさん)からコメントをいただきました。

題名: 西武園を悪く言わないでもらいたい

家族でもう6年近く年パスを買っています。
子どもたちはいつでも大喜びです。

いつ行っても、程好い人がいて、どこぞのテーマパークのように、混んでいてうんざりすることはゴールデンウィーク以外ありません。
そういうアットホームな遊園地を寂しいとか、魅力がないとか言うのはやめてもらいたいです。
数々の魅力が西武園には詰まっているのです。

未知との生物を探す探検や釣り堀、数々のイベントなど、他の遊園地では考えられないようなことをしています。
ジェットコースターがなくとも充分楽しめる遊園地なんです。

今回の火事で再開は未定のようですが、「閉園か?」など、との記事はもっての他です。
再開を心待ちにしている人の気持ちを踏みにじる記事は控えてもらいたいと思います。

Wさん、貴重なコメントをありがとうございました!

個別のメールでもお伝えした通り、筆者は悪意を持って書いている訳ではないことをご理解いただけると幸いです。

Wさんのように継続して利用されている方にとっては、家族で楽しい時間を過ごせる素晴らしい場所になっているのですね。

西武園ゆうえんちにとっては、厳しい競争環境にある中でも、Wさんのようなファンの声をもらえることがどれだけ心強いことかと思います。

一日も早く今回の火災の原因を突きとめ、安全を確保する必要がありますね。

安全があっての楽しい遊園地ですから。

これまで度々起きてきた事故(放火事件?)の連鎖を断ち切ることは、急務です。

それを達成することは、人々が抱える不安を払拭することに繋がります。

でももしそれが叶わなければ、ファンが離れていく負のスパイラルは加速し、やがては回復不可能な状況に陥ってしまうことでしょう。

今が正念場ですね。

まとめ

今回は、火事が起きた 西武園ゆうえんちについて取り上げました。

火災の原因早く特定され、 火事や事故の原因となりうるものを取り除いてもらいたいですね。

ではまた。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-時事・速報