芸能・有名人

ローラ奴隷契約の内容と問題点を解説!リベラ羽布津社長との今後は?

最近CM以外で姿を見かけなくなってしまったローラさん。

所属事務所LIBERA(リベラ)との間の契約が、騒動の原因となっているようです。

羽布津氏が社長を務めるリベラと一体どんな契約内容なのでしょうか。

その何が問題なのでしょうか。

詳細なことが明らかになってきたので、要点をまとめてあなたにシェアしますね。

あと、気になるのはローラさんの今後の芸能活動ですよね。

ローラさんが再びテレビに出られる方法には2つあります。

スポンサードリンク

ローラとリベラが結んだ奴隷契約の中身は?問題点を解説!

ローラさんが所属事務所LIBERA(リベラ)から提示された「専属芸術家契約書」にサインしたのは、2010年のことです。

この契約書の内容(奴隷契約の内容)をまとめると以下のようになります。

  • 契約の有効期間は、2010年7月1日から2020年6月末日までの満10年間
  • 契約期間終了後も、自動的に契約期間は更に10年間更新される
  • 契約を終了する(更新しない)には、事務所の了承が必要
  • 契約終了した場合は、2年間は芸能活動ができない

というものです。

契約書などにあまり接したことがない方には、これが一体何が問題なのか分かりづらいかもしれないと思ったので、解説しますね。

 

契約期間が10年というのは、かなり長期の契約期間です。

法律上問題があるわけではありませが、一般的には1年から3年の契約期間です。

一番問題なのは、ローラさんの意思だけでは契約を終了できない、ということに尽きます。

これって、たとえローラさんが契約を更新したくないと事務所に申し入れても、事務所が契約終了を認めなければ、自動的にもう10年同内容が継続されてしまうというのは、なんとも怖い話ですよね。

また、仮に契約終了となった場合でも、芸能活動を2年間も制限されるということは、タレントにとっては死活問題です。

世間からすっかり忘れ去られてしまう可能性が高いですからね。

 

ローラが奴隷契約を結んだ理由は?

ではなぜローラさんは、こんな不利な契約書にサインしたのでしょうか。

8月10日に発売の週刊文春の記事から判断すると、自ら進んでサインしたというよりも、「サインさせられた」という感じですね。

羽布津社長が「契約書にサインしなければ給料を下げるし、衣装代も出さない」と迫ったそうです。

このとき、ボディビルの経験もあり腕力に自信のある羽布津社長は、部屋の壁を破り穴を空けたといいます。

恐怖を覚えたローラさんは、契約書の中身もよく確認しないまま泣きながらサインしてしまった、ということがあるそうです。

もしかしたら仮に、ローラさんが契約書を読んだとしても、自分にとってどれだけ不利な内容なのかに気づかなかった可能性もありますよね。

普段契約書を読み慣れていないとそういうことが起こりえます。

スポンサードリンク

ローラが今後の芸能活動を続ける2つの方法は?

 

週刊文春のロサンゼルスでの取材に対し、

「私、頑張る。これからもみんなをハッピーにするから待っててね。」

とのコメントを残しています。

現在、ローラさんは、リベラとの契約期間中です。

近いうちに、テレビで再びローラさんがテレビに姿を現すためには、まずローラさんが羽布津社長に騒動について謝罪を申し入れ、許しを乞うというプロセスが必要になるのではないでしょうか。

なぜなら、所属のタレントを出す出さないは、事務所の意向が働きますし、契約上ローラさんは、リベラの管理下に置かれているからです。

 

でも、そんな状況でローラさんがテレビに出てきて、ローラさん自身がハッピーであるはずがありません。

ましてみんなをハッピーにできるとも思えません。

となると、「脅迫によって奴隷契約にサインさせられた、契約は無効だ」と事務所を相手に裁判を起こして勝訴するという手がありますかね。

もしかしたらそれで自由は手に入れられる可能性はあります。

でも、タレントのイメージは大きく傷ついてしまいますね。

難しい選択を迫られると思います。

 

リベラ社長羽布津の反応は?

 

一方のリベラ羽布津社長の反応です。

  • ローラのツイッターの内容が羽布津氏とのトラブルという認識はない
  • 契約内容は開示できない
  • 今後も所属タレントの意向を踏まえたマネジメントを行う

との立場をとっているようです。

あくまでも強気な姿勢で臨んでいるようですね。

 

まとめ

 

タレントのローラさんが最近テレビで見かけなくなった原因が次第に明らかになってきましたね。

原因は、ローラさんが事務所リベラと結んだ奴隷契約にあったようです。

記事で触れたように、ローラさんが再びテレビに出るには、羽布津社長に跪くか、事務所相手に裁判を起こして自由を獲得するかになるかと思います。

 

ローラさんは芸能界で他の芸能人がまねをできないようなポジションを築いており、いいイメージがあるので、再び活躍してもらいたいですね。

まずは自分のハッピーを追及してもらいたいです。

 

ではまた。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-芸能・有名人