時事・速報

大動脈剥離の症状や原因は?鶴ひろみの代役と出演番組も調査!

2017/11/18

声優の鶴ひろみさんの突然の訃報には驚きましたんね。

ご冥福をお祈りいたします。

鶴さんは、11月16日19時30分頃、東京都中央区の首都高速都心環状線でハザードランプをつけ停車。

発見された時は意識不明の状態でした。

発見後、搬送先の病院で息を引き取ったとのこと。

人間どこで何があるかわかりませんね・・・汗

死因は何かと調べてみたところ、大動脈剥離とのこと。

今回はまず、大動脈剥離について

  • どんな症状があるのか
  • 前兆は?
  • 生存率は?
  • 大動脈解離になる原因は何?

といった基本的な項目を、素人なりに整理してみたいと思います。

 

さて、鶴ひろみさんといえば、ベテランの声優です。

ドラゴンボールのブルマ役やアンパンマンにドキンちゃん役が有名ですが、他にはどんな番組の声優を務めていたのでしょうか。

鶴さんの代役が誰になるかも気になります。

スポンサードリンク

大動脈剥離の症状や原因と生存率は?

大動脈解離とは、大動脈の壁に亀裂が入り、壁が内膜と外膜とに分離されてしまうことを大動脈解離といいます。

正常な大動脈は、直径が2-3cmあり、人間の体の中にある血管の中で最大の動脈であり、全身への血液循環の大元となっています。

つまり、生命を司る最も核となる血管と捉えることができますね。

大動脈解離とは、大動脈が突然裂けてしまうのですね。

大動脈解離の症状は?

大動脈が裂けると、胸部から背中にかけて激痛が数時間続きます。

首都高を運転していた鶴さんは、この状態となり激しい痛みを覚えながらもクルマを安全な場所に停車させたのですね。

一歩間違えは、大惨事です。

鶴さんは、突然の体の異変にも冷静に対応していたことになりますね。

大動脈解離には前兆はあるの?

大動脈が裂けるのは、突然やってきます。

何の前兆もなく、いきなり激痛に襲われるとのこと。

 

大動脈解離の原因とかかりやすいのはどんな人?

大動脈解離は日本人に多い病気で、循環器疾患による突然死では、心筋梗塞の次に多い死因とされます。

怖いですね。

この原因というかかかりやすい人は、「高血圧」の人と言われています。

上の血圧が140以上の方は、鶴ひろみさんのケースが他人事ではありませんね。

 

大動脈解離の生存率は?

 

大動脈解離を発症すると、2週間以内に70%以上が亡くなるとされています。

となると、「生存率は30%しかない」といえるのではないでしょうか。

手術も長時間に及ぶそうで、体に大きな負担がかかります。

スポンサードリンク

声優鶴ひろみの代役は?

筆者はこの分野に明るくないので、ネットから情報を拾ってみました。

 

 

 

 

誰がなるのか筆者にはよくわかりませんが、どんな人が代役となっても、どうしても「違和感」というのを感じてしまう方が多いと想像します。

でも、我々視聴者が絶対にやっていはいけないことは、鶴ひろみさんの代役を引き受けた声優さんを批判すること。

これだけは、絶対にやってはいけないと思うのです。

まぁどーしようもなくなって、もし「違和感ありまくりだ!」ってことになれば、番組自体も終了するっていうのも一つの可能性ですかね。

 

まとめ

今回は、まず鶴ひろみさんの死因となった大動脈解離の症状や原因、生存率などについて整理しました。

高血圧の方は、他人事ではありませんので、普段の食生活から見直しましょう。

また、鶴ひろみさんの代役について、ネット上では様々な憶測が飛び交っていることがわかりました。

「鶴さんの代役なって誰も務まらない!」っていう声が多かった気がします。

確かにそうなのかもしれません。

ただ、この状況で、批判を覚悟で引き受けてくれる声優さんに心無い批評をするのは、おやめくださいね。

批判する人がいたら「だったらアンタやってみろよ!」って話ですよね。

 

何れにせよ、日本の声優界は偉大な人を失ってしまいましたね。

鶴ひろみさんは、まだ57歳。

あまりにも惜しいですね。

ゆっくりとお休みください。

ご冥福をお祈りいたします。

 

※鶴ひろみさんの代役とはなりえませんが、日本の声優界はイケメンの方もいます。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-時事・速報