野球関連

エンゼルス大谷翔平のあだ名(ニックネーム)は?候補や由来と海外の反応!

2017/12/16

アナハイム・エンゼルスに移籍した大谷翔平選手。

12月9日(日本時間で10日)の入団会見では、大谷選手がファンに向けて自身の「ニックネーム」を考えて!と依頼をしたところ、たくさん候補が集まって話題になっているそうです。

iSee-Labでは、候補となっているニックネームを拾い、その由来を考えてみました。

更に、海外ではどんな反応になっているのか気になるところです。

わかったことをシェアしますね。

スポンサードリンク

大谷翔平のニックネーム候補は?

 

恐らく、このツイッターでの書き込みから活発な議論がスタートしたのかもしれませんね。

笑点の大喜利のような雰囲気になっています(笑)

全てとはいかないまでも、有力な候補を拾ってみました。

  • ゴータニ(Goatani)
  • ショータイム(Sho-time)
  • ショーヘイキッド(Sho-hei Kid)
  • ショーグン(Shogun)
  • ツーステップ(Two-Step)
  • カイジュー(Kaiju)
  • ショータン(Sho tan)
  • ザ・ショー(The Sho)
  • ショータニ(Shotani)
  • アロルディス・スタントン(Aroldis Stanton)
  • ビッグ・ショー(Big Sho)
  • ショー・ビジネス(Sho Business)

ニックネーム(あだ名)の由来は?

「ゴータ二」の由来は、「史上最高!(Greatest Of All Time)」のの頭文字を取ったもの。

日本人にはあまり馴染みがない英語表現かもしれませんが、このニックネームから最大限の賛辞を送っていますね。

「ショータイム」は、Show Timeですよね。

「ショーグン」は、将軍ですね。

富士山や忍者などと同様に米国人によく知られている日本語から来ていますね。

「ツーステップ」は、大谷選手の二刀流に由来するものなのでしょうか。

「カイジュー」ってなんでしょうか。

まさか怪獣?

松井秀喜選手は「ゴジラ」のニックネームがありましたが、あれは日本でのあだ名(ニックネーム)がMLBでも引き継がれたものでした。

大谷選手は、「怪獣」って呼ばれてましたっけ??(笑)

「ショータニ」は、翔平の「翔」と大谷の「谷」に由来していることがわかります。

 

「アロルディス・スタントン」は何でしょうか?

これは、ヤンキースの「アロルディス・チャプマン投手」とマーリンズの「ジャンカルロ・スタントン外野手」の名前をかけ合わせたもの。

いずれも、現役で凄い成績を残してきている選手です。

このニックネームだと、大谷翔平という名前と結びつけるのは難しそうなでので、この線はなさそうかな・・・と思います。

ただ、それだけ大谷選手への期待値が高いということが伺えます。

 

ショータイム(Sho-time)に決定?

これが最も有力のようです。

投げて打って、という二刀流での活躍は、観戦する人にとってはショータイムといえますね。

ゴータニというのは、日本人にとっては馴染みがないですが、決めるのは現地の人たちなので、これも可能性としてはありかな・・・と想像しています。

スポンサードリンク

大谷翔平のエンゼルス入団に関する海外の反応は?

大谷翔平選手が、エンゼルスに入団したことやニックネームについて、海外ではどんな反応があるのでしょうか。

拾ってみますね。

 

 

まとめ

今回は、エンゼルスに入団した大谷選手のニックネーム(あだ名)の候補を拾ってみました。

あなたはどれがふさわしいと思いますか?

それにしても、大谷選手自身が「ニックネームを考えて」とファンに依頼するのって凄いことですよね。

その分、期待値が高まることは必至です。

2018年にシーズンが始まったら、その期待値を上回る成績を残していかなければなりません。

もし、万が一、不運に故障して・・・成績が残せなかったときの、反動が凄そうです。

縁起でもないですね、やめときましょう。m(_ _)m

活躍できることだけを期待しましょう!

※この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

 

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-野球関連