野球関連

エンゼルスのユニフォームや帽子は?画像でホームとビジターを比較!

2017/12/29

大谷翔平選手がエンゼルスで着るユニフォームや帽子(キャップ)について調べてみました。

チームカラーは赤ですが、ホームやビジターではどのように使い分けているのでしょうか。

画像も含めて入手できた情報をあなたにシェアしますね。

スポンサードリンク

大谷翔平の入団会見でのユニフォームは?

ツイッターを眺めていたら、こんなに素晴らしい写真を載せてくれたツイートがありましたので、あなたにもご紹介します。

よくまぁこんな具体的な情報を・・・筋金入りの日本ハムファイターズのファンの方ですね。

もう脱帽です。

 

スポンサードリンク

エンゼルスの現在のユニフォームの種類は?

wikipediaによると、エンゼルスの現在のユニフォームは3種類あります。

  • Home (ホーム)
  • Away(アウェイ→ビジターのことですかね)
  • Alt(Alternateの略(代替用)→対戦チームのユニフォームの色に応じて臨機応変に使うもの)

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Los_Angeles_Angels#/media/File:ALW-Uniform-LAA.PNG

ユニフォームは、原則として赤と白が基調です。

12月10日に来ていたユニフォームは、ホームのではなく代替用のものを着ていたのですね。

  • ホームでの試合の時は、「白」
  • 相手チームのユニフォームの色によって、「赤」
  • 敵地での試合(アウェイ)の時は、「グレー」

という使い分けをしているのですかね。

MLB(メジャーリーグ)では、アウェイ(ビジター)のユニフォームは、Away colorsとして「グレー」が基本になるのだとか。

そういえば、ニューヨークヤンキースもグレーのユニフォームがありましたね。

また、日本でよく言う「ビジター(Visitor)ユニフォーム」というのは和製英語なのでしょうか。

英語ではAwayと表現するのですね。

 

帽子は、ホームでもアウェイ(ビジター)でも、常に「赤」なんですね。

 

大谷翔平のユニフォーム(レプリカ)が欲しい!

2018年のシーズンで、爆発的な人気が出ることは必至です。

・・・既に品薄状態なのだとか。

入手する方法は、早め早めに行動を起こすことです。

いつか、どこか、お店であったら・・・なんて悠長なことを言っていたら、なかなか入手できないかも・・・

なので、先行予約できるところを探したので、是非チェックして見てくださいね。

エンゼルス大谷翔平のホーム用ユニフォーム

 

 

 

ちなみに、大谷選手の英語メディア上の名前の表記は、これまでの「Otani」から「Ohtani」に変更されました。

「h」が入ったのですね。

 

エンゼルス大谷翔平のアウェイ用のユニフォーム

 

 

ユニフォームの色は、白か赤というイメージの方が多く、実際にそちらのほうが売れ筋かもしれません。

が、グレーを着ていたら、周りの人から「おやっ!珍しい!」と注目されるかもしれませんね。

こっちももちろんカッコイイですし。

エンゼルス大谷翔平のALT(代替用)ユニフォーム

 

 

そしてこれが、入団会見で着ていたの同じカラーです。

お急ぎください!

早くしないと入荷待ちで随分待たされるかもしれませんよ。(゜o゜;

 

エンゼルスの帽子(キャップ)も欲しい!

次に帽子をチェックしてみました。

 

 

赤が基本なのですが、赤の中でも幾つかタイプがあります。

今回画像でお見せしている種類以外もありますので、確認して見てくださいね。

 

 

グレーっていうのもあるんですね。

これは珍しい!

レアもの好きなあなたにはこれがオススメ!

 

 

 

(番外編)エンゼルスのパーカーも気になる!

番外編ということで、パーカーを取り上げてみました。

寒い季節には、パーカーが欲しくなります。

春先のまだ寒い季節は、日本のプロ野球を観に行く際とかに、こちらはいかがでしょうか。

きっと、あなたと通り過ぎる人は、あなたに注目する・・・かもしれません(笑)

 

 

 

まとめ

大谷翔平選手のエンゼルスのユニフォームや帽子(キャップ)についてまとめました。

  • ホームでの試合の時は、「白」
  • 相手チームのユニフォームの色によって、「赤」
  • 敵地での試合(アウェイ)の時は、「グレー」

ということがわかりましたね。

あなたがレプリカのユニフォームや帽子が欲しい場合は、早めに購入予約をしておくことを強くおすすめします。

買いたいのに買えない!とあなたには後悔してもらいたくありません・・・

 

※この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

 

 

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-野球関連