時事・速報

北朝鮮での地震は7回目の核実験?場所や放射線量を調査!

北朝鮮が7回目の核実験に踏み切った可能性があります。

中国地震局によると、9月23日の16:29(日本時間の17:29)に北朝鮮で、マグニチュード(M)3.4の前後の地震を確認したとHPで伝えています。

詳細はまだ不明ですが、これまで行ってきた核実験の傾向から場所や放射線量などを調査を推測してみたいと思います。

スポンサードリンク

北朝鮮の核実験の一覧は?場所も地図で確認!

これまでの北朝鮮の核実験の回数・日付・マグニチュードを一覧にまとめてみました。

回数 日付 マグニチュード
1 2006年10月9日 M4.9
2 2009年5月25日 M5.3
3 2013年2月12日 M5.1
4 2016年1月6日 M5.1
5 2016年9月9日 M5.3
6 2017年9月3日 M6.3

核実験の場所として選ばれてきたのは、咸鏡北道吉州郡豊渓里という場所です。

ところで、咸鏡北道吉州郡豊渓里って、読めます?

  • 咸鏡北道→ハムギョンブクどう
  • 吉州郡→キルジュぐん
  • 豊渓里→プンゲリ

って発音するそうです。

筆者も知りませんでした。

今後も良く出来そうなので覚えておいてもいいかもしれませんね。

いづれも地下核実験と見られ、4回目と6回目は水爆実験とされています。

6回目は水爆実験であったためか、最大のマグニチュードを記録しています。

ただ、最大の規模であった6回目の核実験に伴って日本で放射線量を計測したところ、間線量率で「特別な変化はみられない」との発表が原子力規制庁からありました。

スポンサードリンク

9月23日の地震は7回目の地下核実験?

先程ニュース速報で流れた、9月23日の地震は、核実験、更には水爆によるものでしょうか。

これから詳細が判明するものと思われますが、6回目と比較すると規模が小さなものですね。

しかも、太平洋で水爆実験をすることを示唆していたものの、それはせずに北朝鮮国内で地下核実験を行っていたことになるのですから。

米国のトランプ大統領の恫喝で、本当に太平洋に水爆のミサイルを打ち込んだらやばい・・・と金正恩は判断した可能性がありますね。

かといって、何もしなければチキン呼ばわりされるだろうし、プライドの高い金正恩にとっては癪(しゃく)だから、北朝鮮国内で行った。

でも規模は、6回目よりも大きいと米国をはじめとした国際社会に刺激を与えすぎてしまうから、大規模なものはやめておこう・・・という心理が働いた可能性があるかもしれませんね。

・・・威勢をよく威嚇するほど実はチキンハートな人は世の中多いですからねw

それにしても、金正恩の髪型って黒電話の受話器に似てますよねーww

 

まとめ

今回は、9月23日の夕方に北朝鮮でおきた地震について取り上げました。

今後詳細は明らかになるはずですが、金正恩はとりあえず虚勢を張るべく(国際社会にファイティングポーズを取るために)、7回目の核実験を行った可能性がありますね。

また情報がアップしたら記事を更新していきたいと思います。

ではまた。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-時事・速報