iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

ドラマ・映画

有村架純主演の朝ドラ「ひよっこ」。東京オリンピック以降の物語

2016/12/21

2017年4月3日から始まるNHKの朝ドラ「ひよっこ」のヒロインは、有村架純です!

今回の記事は、「ひよっこ」のヒロイン選出の秘話と注目ポイントについてです。

スポンサードリンク

有村架純が朝ドラのヒロインになるのは異例?

NHKの朝ドラはいつも話題になりますけど、とりわけヒロインが誰かが注目されますよね。印象では、まだ知名度のない人が、ヒロインになるケースが多い気がします。

今放送されている「べっぴんさん」のヒロイン芳根京子もそうです。「あまちゃん」の能年玲奈(現在は「のん」)や、「あさが来た」の波瑠も、朝ドラに出る前はあまり知られていませんでした

それが朝ドラに出た途端に、注目されるわけですから、やはりNHK強し!ですね。

ただ、今回の朝ドラ「ひよっこ」のヒロインを務めるのは、既にスターの有村架純です。

有村架純のプロフィール

有村架純についてまだご存知ない方のために、一応プロフィールをご紹介しますね。

生年月日 1993年2月13日(23歳)
出身 兵庫県伊丹市
出身中学校 伊丹市立西中学校
出身高校
(偏差値)
兵庫県立伊丹西高等学校
・・・47
身長 160cm
血液型 B型
所属事務所 フラーム

女優業としての主な活躍は以下の通りです。

  • 2013年、NHKの朝の連ドラ 『あまちゃん』で、小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて大ブレイク
  • 2014年7月公開のスタジオジブリ映画『思い出のマーニー』でダブルヒロインの1人・マーニー役に抜擢
  • 2014年10月、舞台劇 『ジャンヌ・ダルク』で初舞台
  • 2015年5月、主演映画『映画 ビリギャル』で金髪ギャルに挑戦
    →第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞(2016年)
  • 2016年1月、フジテレビ月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で同枠および民放連続ドラマ初主演

っとまぁ、こんな感じです。

連ドラ「あまちゃん」でブレイクした後は、主役の能年玲奈(のん)よりも露出が増えました。それからはあっという間に一流スターの仲間入りです。

映画ビリギャルは、学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した実話にもとづくプチ(?)サクセスストーリーでしたね。

そして、2016年の大みそかの紅白歌合戦では、紅組司会者に抜擢されています。
(参考)紅白紅組司会者のパターン分析。有村架純と和田アキ子どちらを選ぶ?

CMとかにも引っ張りだこだし、既に国民的なタレントと言ってもよさそうですよね。


ですから、有村架純は、ある意味では「フレッシュではない(手垢がついている)」とも言えます。

そんな有村架純ですが、NHKの連ドラの主演に決まったのは、オーディションではありません。実は、脚本家である岡田惠和さんの強い要望があったからとのこと。

2017年(平成29年)前期連続テレビ小説『ひよっこ』ヒロインに選ばれた。脚本の岡田惠和の強い要望もあり、オーディションを経ずに主演が決まった。

出典: wikipedia 有村架純 

まだ見ぬ新しいスターが朝ドラから生まれてほしい気持ちもありますが、有村架純のファンにとっては嬉しいキャスティングなのでしょうね。

2017年春の連ドラ「ひよっこ」はどんなストーリー?

番組の公式サイトからあらすじを引用します。

連続テレビ小説・第96作「ひよっこ」は、
東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。

高度成長期の真っただ中、日本の発展を支えたのは、
地方から上京し懸命に働いた名もなき人々でした。

この物語のヒロインも、そんなひとり。

集団就職で上京した“金の卵”ヒロインが、
自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記です。

ヒロインの笑顔が、日本の朝に元気をお届けします!

出典:NHKドラマ トピックス

なるほど。東京オリンピックを意識してるんですね。

2019年の大河ドラマも東京オリンピックがテーマのようです。

これからNHKではしばらくオリンピック関連のコンテンツが続きそうですね。
ちなみに、「ひよっこ」の脚本家の岡田惠和さんの言葉です。

描かれるのは東京オリンピックの年からの数年間です。このころの昭和は「あのころの日本は良かった」「活気があった」「夢があった」「未来を信じていた」「人が優しかった、情があった」などと、古き良き日本としてイメージされることが多いです。

個人的にも郷愁はあります。でも昔は良かったと嘆いていても前に進めない。私達は今を生きるしかないので。それにどんな時代にも今と同じように光と同時に影もある。そこにも目を逸らさずに、新しい日本がスタートして、まだ「ひよっこ」だった時代を懸命に生きた人の人生を観ることで、今を生きるためのヒントになれたら、そう思っております。

先行きに希望を持ちづらい時代となりました。iSee-Labの読者世代が育った時代からは、高度経済成長期に郷愁は正直あまりないのでしょう。

それでも「ひよっこ」で描かれるドラマにはちょっと期待してしまいます。

有村架純のような、まさに現代を象徴する女優さんが演じる過去。

楽しみにしたいと思います。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-ドラマ・映画