ドラマ・映画 面白・なるほど

NHK朝ドラ「べっぴんさん」のモデル坂野惇子創業のファミリアとは

NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)で「とと姉ちゃん」が終わりました。

次の朝ドラは10月3日からスタートする次の朝ドラは、「べっぴんさん」です。この「べっぴんさん」は、アパレルメーカー「レナウン」の創業者佐々木八十八(やそはち)の3女、坂野惇子さんがモデルになっています。

舞台は戦後の神戸。ドラマの中で坂野惇子さんの名前は、「坂東すみれ」というヒロイン名です。坂野惇子さん含め女性4人は、子供服・子供やベビー向け用品の専門店「ファミリア」を創業します。戦後の混乱の中で働く自立した女性として描かれているところは、「とと姉ちゃん」や過去の他の朝ドラのヒロイン像と共通している部分でしょうか。

さて、子供服と言えばもう一つ「ミキハウス」という有名なブランドを思い浮かべる人も多いでしょう。両社について比較してみました。

スポンサードリンク

子供服専門店ファミリアを創業した経緯とは

出典:ファミリア公式サイトより

ファミリア1号店 出典:ファミリア公式サイト

 

1948年12月、戦後まだ間もない時期に、坂野惇子は、女学校時代の田村光子、その義理姉田村江つ子、近所の友人村井ミヨ子を誘って、神戸で小さなベビーショップを開きます。ショップは、「モトヤベビーショップ」と名付けられました。これが、現在のファミリアの前身です。

坂野惇子さん達は、「洋裁、手芸、編物」という娘時代に習得した技術を強みとして、小さく事業を始めたのですね。

1950年4月、株式会社ファミリアとして、社名を改称、法人格にしました。そこから、大阪阪急百貨店に直営店、数寄屋橋阪急など老舗の百貨店などに直営店を出店します。

そして今や、皇室御用達の子供服メーカーになるほど成長し、まさに子供服の老舗です。

創業の地である神戸を中心とした関西での「ファミリア」ブランドの認知度は高く、私立校に通う女子中高生の間では、布製バッグを「ファミかばん」として、通学用のサブバッグとして使用している人が多いとか。

 

べっぴんさんのモデルとなったファミリアとミキハウスとの比較

ファミリアと並んで「子供服」といえば、ミキハウス(MIKI HOUSE)が有名です。これはTVのCMの影響なのですかね。

ミキハウス(MIKI HOUSE)はブランド名です。この子供服ブランドを展開するのは、三起商行株式会社という会社です。三起商行の三起は、「ミキ」と発音します。この会社は、創業者であり現社長である木村皓一さんが、1971年に子供服の卸売業「三起産業」として起こし、1978年に改組、現社名に改めました。

創業地が大阪で、ファミリアの創業地の神戸と近いのですね。また、ファミリアの創業から20年以上経ってから後発で子供服の事業を始めていますが、現在の会社の規模はミキハウス(三起商行)の方がファミリアよりも大きいのですね。売上高は、ファミリアが123億円(2015年1月)なのに対し、三起商行が272億円 (2016年2月期)となっています。

ただ、会社規模だけでは測れないものがあるはずです。消費者(ユーザー)の中では、どのような区分けがされているのでしょうか。

ネットで見つけたブログによりますと、展開するブランドの洋服には特徴があるそうです。へー。

  • ファミリアのお洋服の特徴

・より「赤ちゃん」(new born&baby)のジャンルに力を入れているので80サイズ以下の可愛らしいお洋服が豊富
・普段着よりはお出かけ等のちょっと背伸びしたお洋服が得意
・ふんわり、優しい色づかいと控えめなデザインが特徴

  • ミキハウスのお洋服の特徴

・「赤ちゃん」より「子ども」向けのお洋服が豊富
・お出かけよりはデイリーウェア・カジュアルウェアが得意
・カラフルでポップな色づかいが特徴
・男の子ママに人気

出典:神戸を愛するママのファミリア非公式親善大使ブログ

ファミリアもミキハウスも全国に展開している老舗ですので、週末にあなたもお近くの店舗に足を運んで子供服を比較してショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ファミリアのショップ情報:
http://www.ec.familiar.co.jp/shop/index.php

ミキハウスのショップ情報:
http://www.mikihouse.co.jp/shop/

https://www.familiar.co.jp/about/history/07.html

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-ドラマ・映画, 面白・なるほど