iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

時事・速報

森友学園小学校開校の不認可理由と国有地叩売りの黒幕は誰?

2017/03/03

学校法人森友学園の小学校「瑞穂の国記念小学院」は、今年2017年4月に無事開校できるでしょうか。

iSee-Labでは、「小学校開校の許可はまず降りない」との見立てをしています。

今回は、「瑞穂の国記念小学院」の開校許可が降りない3つの理由をあなたにシェアします。

スポンサードリンク

森友学園の小学校開校が不許可となる3つの理由

iSee-Labが考える理由は以下の3つです。

  • 理由1:募集定員に対する入学予定者数が大幅に未達であるため
  • 理由2:子供達への健康被害が懸念されているため
  • 理由3:財務体質が不安視されているため

理由1:募集定員に対する入学予定者数が大幅に未達であるため

既に2016年4月からの募集は終了しています。入学試験を受けて合格し、入学予定の人は何人いるのでしょうか。

1年生80人・2年生80人、合計160人の定員に対し入学予定者は、1年生で半分の40人、2年生においてはたったの5人、合計45人しかいないことが、2月22日の大阪府の私学審臨時会で明らかになりました。

まぁそりゃそうですよね。同じくらいの子供を持つ親の立場から言わせてもらえれば、醜聞がいろいろ入ってくるこの学校法人に、自分の大切な子供を預けたいとは全く思いません。。。

むしろ、よく45人も集まったな・・・と思ってしまいます。(;^_^A

理由2:子供達への健康被害が懸念されているため

大阪府豊中市野田町にあるこの小学校の建設用地は、元々国土交通省大阪航空局が管理していた8,770㎡の土地です。

不動産鑑定士による評価額が9億5,600万円だったこの国有地は、2016年6月に1億3,400万円で、森友学園に叩き売られました。なんと8億円以上のディスカウントです。

まぁ、金額の件は他のニュースサイトなどに譲るとして、問題はこの敷地に埋まっている廃棄物です。

地中の廃棄物が原因で土壌汚染を引き起こし、子供達が健康被害に遭う可能性が指摘されています。

開校の許可を出す権限を有しているのは、大阪府です。松井一郎知事が最終判断を下すことになるでしょう。

大阪府の松井知事は、2月28日に

「廃棄物で子どもたちの健康に悪影響が出るとなれば、(府)教育庁として認可できないことになる」

と語っています。

当然ですよね。

「安全」であることが確認できない以上、許可を出すことはあり得ません。

もし仮に、見切り発車で開校の許可を出し、その後に子供達の健康被害が実際のものとなったら、許可を出し松井知事が今度は責任を追及される側に回ります。

そんなリスクを松井知事がわざわざ取るメリットはない、と考えます。

スポンサードリンク

理由3:財務体質が不安視されているため

そもそも、森友学園の財務体質が不安視されています。

超破格で国有地の払い下げを受けたとは言え、その金額は1億円超です。更には校舎の建築コストもかかります。更には、教員などの人件費かかります。

自己資金だけでは賄えないはずなので、借入れもしていることでしょう。低金利のご時世といっても、額が額なので、金利負担は当然にあります。

学校運営に必要な費用を賄うのは、主には生徒からの授業料(入学金・寄附金)です。(私学の助成金も出るかもしれませんが。)

ざっくりとした収入の計算は、「生徒1人あたりの授業料×生徒数」の掛け算です。

1人当たりの授業料は私立とは言えたかが知れているので、学校を運営していけるかどうかは、「生徒数」にかかっています。

でもすでに書いた通り、大幅な定員割れ。生徒は集まっていません。

仮に借入れを増やすことで、開校に漕ぎ着けたとしても、見込み通りに生徒が集まらなければ、やがては破たんします。

そうなった場合に、可哀そうなのは子供達です。

学校法人の運営のまずさのせいで、せっかく入学した小学校から別の小学校に移る必要が出てきます。

それにかかる、金銭的な負担やエネルギー・ストレスを考えただけで嫌になりますよね。

“アッキード事件”? 国有地を叩き売った黒幕は一体誰なの?

自由党の山本太郎共同代表は、3月2日の参院予算委員会で、この国有地払い下げ問題について、安倍晋三首相の妻の昭恵さんの名にちなんで「アッキード事件」と発言しました。

“アッキード事件”というのは、1976年に明らかになった大規模な汚職事件“ロッキード事件”を意識した発言ですよね。

ロッキード事件は、米国の航空機メーカーのロッキード社が主導で、同社の旅客機を受注すべく、日本やアメリカ、オランダ、ヨルダン、メキシコなど多くの国の政財界を巻き込んだ収賄事件です。

これに対し、安倍首相は、即座に「限度を超えている!」と不快感を示しましたが、“アッキード事件”という言葉だけが、一人歩きする可能性もあります。

もし、2017年の流行語大賞にノミネート・・・なんてなったら、山本太郎氏にとってはしてやったりな感じでしょうか。

しっかし、本当の黒幕は誰なんでしょうか。

まさかとは思いますが、現在全力で森友学園とのかかわりあい否定している安倍首相ってことはないですよね・・・

また新たな情報が入ってきたらあなたにシェアしますね。

お読みいただいてありがとうございました。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-時事・速報