iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

スポーツ

松島輝空の卓球の成績は?コーチと兄弟や家族も深イイ話で話題に!

2017/04/22

今年は、2017年。
3年後の2020年には、東京オリンピックが開催されますよね。

では、東京オリンピックの次のオリンピック、すなわち7年後の2024年のオリンピックは、どこで開催されるかご存知ですか。

まだ確定ではありませんが、フランスのパリと米国のロサンゼルスが候補地として名前が挙がています。

7年後の2024年のオリンピックで金メダル獲得が有望なのは、どの種目で、なんという選手だとあなたは思いますか。

今回は、iSee-Labが考えた、金メダルに最も近い(?)選手松島輝空選手を取り上げます。(笑)

これまでの成績と強さの理由ともなるコーチや家族(兄弟)の存在が気になります。
深イイ話でも話題になっていたようですからねー。

スポンサードリンク

松島輝空くんのプロフィール

 

2024年のオリンピックで金メダルに最も近い(とiSee-Labが考えるのは)、男子卓球の松島輝空くんです。

天才卓球少年の松島輝空くん、今から覚えておいていいと思います。

まずはプロフィールを整理しましょう。

名前 松島輝空 (まつしまそら)
生年月日 2007年4月29日
年齢 9歳(2017年4月21日時点)
学年 4年生(同上)
身長 127cm
体重 32kg
靴のサイズ 21cm
血液型 B型
小学校 京都市立竹田小学校

※2017年時点の情報です。

もうすぐ10歳ですから、2024年のオリンピックの時は、17歳になっていて、オリンピックに出場できる年齢になっています。

 

松島輝空くんの卓球の成績

全日本卓球選手権大会ホープス・カブ・バンビの部というものがあります。

これは、小学生以下が出場できる全日本卓球選手権大会です。

種目は、

  • 「ホープス」(小学6年生以下が出場)
  • 「カブ」(小学4年生以下が出場)
  • 「バンビ」(小学2年生以下が出場)

という3種類があります。

 

松島輝空くんは、小学1年生からこれまで3回出場していますが、3年連続優勝(3連覇)しています。

 

  • 2014年(7歳)「バンビ」優勝
  • 2015年(8歳)「バンビ」優勝
  • 2016年(9歳)「カブ」優勝

 

また、2016年には、後藤杯卓球選手権大会という愛知県の大会に出場しました。このとき小学3年生でしたが、小学校6年以下の部に出場し、優勝を成し遂げます。

なお、一般の部では、日本卓球協会が主催する全日本卓球選手権大会というものがあります。
これは、毎年1月に東京体育館で行われ、その年度の日本一を決める卓球の大会です。

オリンピックで日本代表に選ばれる選手は、この大会で優秀な成績を収めます。

水谷隼選手、福原愛選手、石川佳純、平野美宇選手は、いずれもこの大会で優勝経験があります。

そして、驚くべきことに、松島輝空くんはわずか8歳にして、日本のナショナルチーム入りを果たしています。

末恐ろしい天才卓球少年だと思いませんか。

もはや日本の同年代には、ライバルらしき選手がいない感じです。

こんな実力の持ち主であるため、わずか8歳にして、株式会社タマス(バタフライ)とスポンサー契約を結び、beacon.LAB(ビーコン・ラボ)という事務所とマネジメント契約を結んでいます。

ちなみに、リオオリンピックで銀メダルを獲得した水谷隼選手も、beacon.LAB(ビーコン・ラボ)に属しています。

 

松島輝空くんの強さの秘密

なぜ、松島輝空くんはこんなにも強いのでしょうか。

その理由の一つには、卓越した卓球の実力を持つ両親のDNAを受け継いでいることがあります。

輝空くんの父親は、松島卓司さん

富山県出身で、東山高等学校→中央大学へと進みました。

その後は、岐阜信用金庫を経て㈱グランプリへ転身しています。
現在は京都府伏見区にある、名門卓球スクール田阪卓球会館で卓球用品の販売と子供達に卓球のコーチをしています。

そこでは、孫コーチとも一緒に指導にあたっているようですよ。
凄く優秀なコーチのようです。

卓司さんも卓球の選手時代はオリンピックを目指していたほどの実力者でした。

こんな輝かしい成績を残しています。

日本選手権 3位
日本リーグ 優勝
全日本実業団 優勝
全日本クラブ選手権 2位 4回
2007年度京都選手権 シングル・ダブルス 優勝
全日本社会人 シングルス6位
全日本社会人 ダブルス5位

輝空くんの母親は、松島由美さん

 

京都府出身で、西ノ丘中学校→京都明徳高等学校→立命館大学へと進みました。

卓球の選手として、

全日本カデット3位
全日本学生3位
全日本選手権3位
日本リーグ優勝
全日本実業団優勝

というこれまた素晴らしい成績を収めています。

母親の松島由美さんもまた卓球一家に育ちました。

  • 祖父は全日本女子チームのコーチ
  • 父方の兄弟6名とも卓球選手
  • 両親ともに卓球選手
  • 姉も卓球選手

寝ても覚めても卓球漬けの毎日を送っていた可能性がありますよね。

まさか、食事するときもラケットを握っていたのでは・・・w

父卓司さんと母由美さんは、学生時代にダブルスを組んだこともあり、それがきっかけなのか、2008年に結婚しました。

スポンサードリンク

松島輝空くんの兄弟は?

 

こんな両親のもとに生まれた輝空くんが、卓球が下手な訳がありませんよね。血統が違うのです。まさしくサラブレットです!

輝空には、弟1人と妹2人がいます。全部で4人兄弟ですね。

名前 輝空 翔空 美空 愛空
読み方 そら とあ みく あいら
生年月日 2007年4月29日 2009年2月12日 2013年6月24日 2015年11月11日
現在の年齢 9歳 8歳 3歳 1歳
関係 長男 次男 長女 次女

※2017年4月21日現在

みんな「そら」の字が付くのですね。

漢字だけ並べられたら、読めませんでした。

・・・キラキラネーム???

両親の卓球センスを受け継いだのは長男の輝空くんだけではないようです。

次男の翔空(とあ)くんの成績は、ざっとこんな感じです。。。(;^_^A

  • 2016年の時点で幼稚園でありながら、全国ベスト32
  • 平成27年度全日本ホカバ予選男子バンビの部優勝
  • 平成27年度全日本ホカバin神戸ベスト32
  • 平成27年度伊丹オープンバンビの部2位
  • 平成27年度京都ホープス以下バンビの部優勝

 

長女の美空(みく)ちゃんは、以前、「深イイ話」で特集されたとき、2歳にしてラケットを
握ってましたよね。DNAをキッチリ受け継いでいますね。

次女の愛空(あいら)ちゃんはまだ小さいですが、ラケットを手にするのは時間の問題でしょう。

 

まとめ

今回は、天才卓球少年、松島輝空(そら)くんの成績と家族を中心に見てきました。

なんだか金メダルをとれそうな気がしてきませんでしたか。

今後の活躍に期待しましょう。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-スポーツ