iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

イベント

松戸花火大会2017の穴場スポットは?有料席や場所取りと交通規制も!

2017/06/15

22万人もの人出を見込む松戸花火大会が2017年にもやってきます。

打ち上げ数は1万発(予定)にもなります。

筆者も今年は家族で行ってみたいなと思ったので、気になる情報を調べてみました。

特に気になったのは、松戸花火大会の穴場スポットと今年2017から導入される有料席の情報です。

場所取りに関するコツや交通規制も含めて、役に立ちそうな情報をあなたにだけおすそ分けしますね。

松戸花火大会に足を運ぶ際は、ぜひこの情報をチェックしてからお出かけくださいね!

スポンサードリンク

松戸花火2017の概要

松戸花火大会は毎年8月の第1土曜日に開催されます。

今年2017も例外ではなく、開催日程は8月5日(土)となりました。
(荒天時は翌日8月6日(日曜)に順延)

打ち上げ時間は、19時15分から20時20分。

約1万発もの花火が打ち上がります。

特にフィナーレを飾る連発の花火は、圧巻です。

胸にドスドス響くんです。

これが見どころなんですよね~v。

打ち上げ場所は、江戸川の河川敷です。

(正確には、対岸の新和運動公園内ですね。)

メインの会場は、松戸駅西口から徒歩10分ほどの距離にあります。


出典:http://matsudo-hanabi.com/#seat

 

交通規制

当日は松戸駅から打ち上げ場所の目の前にある会場まで、人が溢れかえり大変な混雑となります。

人出も22万人程を見込んでいますから、当然といえば当然ですね。

よって、松戸駅西口は広範囲にわたって交通規制が敷かれます。

規制の時間帯は17:00-21:30です。

出典:http://matsudo-hanabi.com/#seat

松戸駅から打ち上げ場所までは、歩いていくのが基本です。

当日は、車やバイクはもちろんのこと、自転車も規制されています。

交通規制が敷かれている近くまでは、せめて車や自転車で・・・などと考えるのも、賢明ではないと筆者は考えます。

あまりの人の多さに身動きできず、後悔すること間違いなしですね。

松戸花火大会の場所取りは?

多くの方は、江戸川の河川敷にあるメインの会場を目指すと思います。

少しでも打ち上げ場所の近くで観たいというのは、自然な考えですよね。

仮設トイレも結構用意されますし、ご家族連れにとっては安心ですよね。

河川敷にご覧になる場合の注意点としては、できるだけ平坦な場所を確保するということでしょうか。

というのも、河川敷の土手で勾配が急なところでは、レジャーシートを敷いてもズルズルと落ちてきてしまい、なかなか花火に集中することができなくなってしまうからです。

遅い時間に行くと、斜度がきついどころしか場所取りできない、という事態になるので早め早めの行動が吉ということですね。

ただ、場所取りが可能になるのは、前日8月4日(金)14:00以降となります。

それ以前に行っても、ロープで柵がされていたりして規制されているかもしれませんね。

 

ちなみに、全ての花火の打ち上げが20:20に終ると、一気に観客が土手をあがり、松戸駅方面に向かって歩き出します。

混雑ぶりは凄まじいです。

混雑を避けるためには、少し落ち着くまで待ってもいいかもしれませんね。

終わりより前に会場を後にするという手もありますが、一番の見どころであるフィナーレの連発を見逃してしまうのはちょっともったいないかも・・・

 

スポンサードリンク

有料席チケットの入手方法

去年2016年までは、河川敷に協賛スペースの観覧スペースがありました。

ここは打ち上げ場所のほぼ正面に位置し、パイプいすが並べてあります。

それ以外にも、レジャーシートを敷ける場所があります。

今回はこれに加えて、協賛者関係者以外の方も利用できる、有料観覧席が設けられるそうです。

2017年初の試みですね!

有料観覧席の場所は?

出典:http://matsudo-hanabi.com/#seat

BOX席S、イス席S、イス席Aは、打ち上げ場所の正面に位置します。

出典:http://matsudo-hanabi.com/#seat

また、少し川上に行った離れた場所には、BOX席Aがあります。

出典:http://matsudo-hanabi.com/#seat

有料席の料金

有料席チケットは、「CNプレイガイド」などで入手可能です。

販売期間は、2017年6月19日(月)から8月5日(土)19:00までです。

料金は以下の通りとなっています。

  • イス席S 1席5,000円(1,000席)
  • イス席A 1席4,500円(600席)
  • BOX席S (いす4脚+テーブル1つ)20,000円(50セット)
  • BOX席A (いす4脚+テーブル1つ)18,000円(150セット)

注意点としては、有料席といってもすべて自由席なので注意が必要です。

というのも、ギリギリのタイミングで会場に入ると、既に荷物が置かれていて、ご友人や家族で行っても席がバラバラになってしまう可能性もゼロではありませんよね。

なので、時間には余裕をもっていくことを強くお勧めします。

 

松戸花火大会の穴場スポット3選!

穴場スポットを3つご紹介しますね。

1.東京都葛飾区金町(7丁目付近)・埼玉県三郷市側

松戸花火大会が開催されるのは、江戸川の河川敷です。

観客席は松戸側なのですが、打ち上げるのは対岸側であり、こちらからも当然ながら花火が見られます。

地図中の赤の点がメインの会場の場所です。

この辺りは、千葉県(松戸市)・東京都(葛飾区)・埼玉県(三郷市)と3つの都県の境になっているところです。

ここの場所を選ぶメリットは、松戸側で観るよりも空いているといことがあります。

JR金町駅から葛飾橋あたりまでは、徒歩で25分くらいです。

ちょっと歩きますが、それでも混雑していて場所取りに苦戦する松戸市側よりはよい、という方はぜひチェックしてみてくださいね。

2.松戸郵便局裏側~小山~葛飾橋周辺

打ち上げ場所から下流に位置する、葛飾橋の近辺まで行って観るという手もあります。

ここへは、松戸駅西口から打ち上げ会場の方向に進んでいくのではなく、左側に進んでいきます。

とりあえず目指すのは松戸郵便局のあたりでしょうか。

この裏から河川敷にでると一気に視界が広がります。

そのあたりから、葛飾橋にかけてがもう一つの穴場です。

地図中の上の赤の点がメインの会場の場所です。
下の赤い点は、松戸中央郵便局のあたりです。


デメリットとしては、トイレが限られているという点でしょう。

橋のところに1か所のみです。実質ないに等しいですね・・・

また、近隣にはコンビニがないというデメリットもありますが、こちらは予め自宅近くで調達しておけば済む話ですかね。

3.伊勢丹松戸店屋上ビアガーデン

伊勢丹松戸店屋上BBQビアガーデンが特別営業となります。

毎年希望者が多いため、事前の抽選制となります。

伊勢丹松戸店のサイトで6月初旬に情報がアップされますので、情報をチェックしてくださいね。

こちらのメリットは、松戸駅から近く、席でビールを飲みながらゆったりできるということが挙げられます。

ただし、全ての席が花火が観れるかというとそうではありませんので、もしもあなたが花火メインということであれば避けておいた方が無難かもしれません。

なお、もしかしたら伊勢丹松戸の屋上で花火大会が観れるのは、今回が最後になってしまう可能性もあったりするのでしょうかね。

 

まとめ

今回は、松戸花火大会2017を取り上げました。

当日はもの凄い混雑が予想されます。

公式サイトにもありましたが、小さなお子様をお連れの方は、お子様に名札(連絡先)を付けておくと、もしはぐれた場合でも、発見できる可能性は少しは高くなりそうですよね。

あと、河川敷の花火大会なので、虫よけを絶対にお忘れなく!

蚊に刺されて痒い思いをすると、せっかくの花火大会が台無しになってしまいますからね。

ではまた。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-イベント