iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

時事・速報

ロンドン高層マンション火災の出火原因は放火?犠牲者数や場所も

2017/06/16

英国のロンドン西部にある27階建てのタワーマンション「グレンフェルタワー(Grenfell Tower)」で、午前1時(日本時間の午前9時)に大規模な火災発生しました。

出火は低層階で起きた可能性があり、火の手は上層階へ上がり最上階まで達しているとの情報がありました。

報道によると、この高層マンションは、賃貸物件で120戸が入居し200人以上が居住しているとのこと。

気になるのは、今回の大規模火災の出火原因は何か、そしてオーナー(所有者)は誰なのか、ということです。

もし、オーナー(所有者)が消火設備を適法に整備していなければ、殺人罪にも問われかねません。
「グレンフェルタワー(Grenfell Tower)」の場所を調べてみたら、ロンドンの中心部からすぐ近くでした。

怖いですね。

これまで入っている犠牲者数も追いかけてみました。

なんとか被害を最小限にとどめてくれることを願うばかりです。

スポンサードリンク

 

ロンドンの超高層マンション大規模火災の原因は?

 

グレンフェルタワー(Grenfell Tower)の大規模火災の出火原因については、まだ明らかになっていません。

ただ、マンションの住民の話によると、

「4階の部屋にある冷蔵庫が爆発して火事になった」

との報道がありました。

火の不始末というよりも、テロや放火の可能性が高いのでしょうか。

 

このマンションは、1974年に建築されたとのこと。

今年が2017年ですから、築40年以上ということになりますね。

老朽化しており消火設備が正常に稼働しなかったことで、被害が拡大する可能性もあるかもしれません。

低層階で起きた火災が瞬く間に上層階まで広がったとのことですし。
オーナー(所有者)が誰なのか気になるところです。

もし、オーナーが消火設備の整備を怠っていたとしたら大変なことになります。

 

 

※6月15日追記----------------

毎日新聞が伝えている情報によると、建物にはスプリンクラーが設置していなかった、との証言があるようです。

英国の建物火災安全規則では、高さ30メートル以上の建物には、スプリンクラーの設置が規定されているとのこと。

ただし、この規定の遵守を義務付けられているのは、2006年以降の「新築物件」に限られるとのこと。

となると、1974年に建築されたグレンフェルタワー(Grenfell Tower)は、規制の対象外であり、この件について所有者責任は問われないのでしょうか。

 

ただ、高層の建物で大規模な火災が起きた場合、スプリンクラーがなければ、一体どのように初期消火をするというのでしょうか。

今回の火災で消火活動の映像を見る限り、高層階の火災に対してはしご車というのは、あまりに無力の印象を持ちました。

何故なら、高層階にははしごを伸ばしても届かないのですから。

虚しさすら覚えましたよね。

 

犠牲者数は?

グレンフェルタワーの大規模火災の消火には、消防車45台、消防隊員200人が出動したそうです。

この大規模火災により、少なくとも17人が犠牲になったとのこと。

まだ行方不明者がおり、最終的な数は確定していません。

スポンサードリンク

グレンフェルタワーの場所は?

平時のグレンフェルタワーを見つけました。

出典:www.wittukgroup.co.uk

 

消火活動の状況です。タワーマンションだと消防車(はしご車)も打ち手が限られますね。。。

グレンフェルタワーの場所はどこにあるのでしょうか。

Googleから拾ってみました。

場所を確認してもらうと明らかなように、中心部からすぐのところです。

大英博物館やロンドン動物園、ビッグベンなどのメジャーな施設からそれほど遠くには離れていないようです。

 

 

まとめ

今回は、ロンドンで発生した大規模火災について取り上げました。

先日イギリスの総選挙を終えたばかりの保守党のメイ首相は、(なぜ炎があっという間に燃え広がったのか)住民は「答えを得る権利がある」と述べ、事実関係の完全な公開調査を指示しました。

調査は今後も続きます。また情報は情報を更新しますね。

犠牲者のご冥福をお祈りします。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-時事・速報