小泉進次郎愛用のスカジャンとは?横須賀の老舗とスタジャンとの違いも

衆院選で当選した小泉進次郎氏の選挙区は、神奈川県横須賀市にある神奈川11区。

選挙の際、進次郎氏が着ていたスカジャンが話題になっています。

スカジャンって何?スタジャンと何が違うの?

トックリセーター→タートルネックみたいに、今風の言い方?

なんて思ってしまいましたが、それは筆者の大きな勘違いでした。。。

スカジャンについて、横須賀の老舗や人気ブランドなども含めてわかったことをあなたにシェアしますね。

スポンサードリンク

スカジャンとは?スタジャンとの違いを整理!

スカジャンとは、一言で言うと「横須賀ジャンパー」の略なんですね。

スカジャンの「スカ」は、横須賀の「スカ」ということがわかりました。

でも、なぜ横須賀のジャンパー「スカジャン」が有名になったのでしょうか。

それは、横須賀にある米国の海軍基地と深く関わりあります。

もともと「スカジャン」は、米国海軍に駐留する軍人向けのお土産としてのジャンパーでした。

スーベニアジャケットなんて言われ方をしています。

外人(主に軍人)に好まれるのは、如何にも日本的な刺繍が入っているものです。

刺繍には例えばこんなものが・・・。

  • 富士山
  • 芸者
  • 五重塔
  • ガイコツ

これがスカジャンの最大の特徴ですね。

そして、素材はサテンや別珍が用いられていることが多いです。

また、リバーシブルになっていることも特徴です。

ここまで、ご説明するとよく知っているスタジャンとの違いがわかります。

スタジャンの特徴は、こんなやつでしたよね。

  • スタジャンとは、スタジアムジャンパーの略
  • 本来は野球のスタジアムで着る防寒用のジャンパー
  • 袖の部分は革、胸や背中の部分はウールのものが多い
  • チームのマスコットが刺繍・ワッペンなどでついている(日本的なものではない)

ちなみに、スタジャンというのは、和製英語です。

だから、米国人に「スタジャン」とか言っても通じませんので、ご留意をw。

スポンサードリング

スカジャンを売ってる老舗は横須賀のどこ?

というわけで、スカジャン発祥の地、横須賀にはスカジャンの老舗がいくつかあります。

横須賀ドブ板通りでオリジナルの刺繍でスカジャンを作り続けて来た老舗は以下の3つだそうです。

  • プリンス商会
  • ファースト商会
  • 森商店

この内、森商店さんは、数年前に閉店。

現在残っている老舗は、プリンス商会とファースト商会です。

こちらでは、オリジナルの刺繍でスカジャンを製作販売しているとのこと。

プリンス商会

一番の有名店は、横須賀どぶ板通りのスカジャン専門店「プリンス商会」です。

老舗中の老舗で1952年からスカジャンを取扱っています。

店構えもレトロですね・・・(*^^*)

所在地は、横須賀市本町2-4です。

ファースト商会

こちらは、ファースト商会です。

所在地は横須賀市本町2-5です。

小泉進次郎のスカジャンは横須賀のものにあらず?

小泉進次郎氏が着ていたのは、テーラー東洋のスカジャンとのこと。

筆者は、小泉氏が町おこし(地元企業のPR)のために、横須賀のスカジャンを購入して着ていると、思っていましたが、どうもそうではないようですね。

iSee-Labの読者さんから教えていただきました。

どうもありがとうがとうございます!!

ドブ板にはスカジャンショップ以外にも刺繍屋さんが今でも残っていて、そこにジャケット持ち込みでオリジナルの刺繍を頼むのも当時に近いスカジャンの作り方と言えます。

オリジナル刺繍はファースト商会も受け付けていますが、刺繍専門店では大将ミシンししゅう店が有名です。

スカジャンを本物か偽物か?みたいな分け方をするならば、その場で実際に刺繍していると言うのは先ず第一条件になると思います。

それ以外はレプリカです。

だから小泉進次郎がテーラー東洋のレプリカを6万近く掛けて買って来て「町おこし」なんて言ってるのにビックリしました。

ちゃんと横須賀の物を横須賀で買えよ!って気分です。

確かにドブ板の中にあるジーンズショップで東洋を取り扱ってるお店も有るには有るけど、そこで買ったとも考えにくいですしね。

出典:iSee-Labの読者さんからいただいた情報

小泉進次郎愛用ブランド「テーラー東洋」について

上記の読者さんから、テーラー東洋についての情報も教えていただきました。

  • シュガーケーンやバズリクソンズで有名な東洋エンタープライズ内のブランド
  • 全国流通のレプリカブランド

また、東洋エンタープライズの特徴についても教えていただきました。

東洋エンタープライズと言う会社は、オリジナルビンテージをコレクションして、材質やパターンなどのディテールを、徹底的に解析しながらレプリカを創り上げるような本格的なコレクターズ集団なので、スカジャンやアロハなどの絵柄もオリジナルビンテージを確りと再現しているものも多くあります。

その上で現代的なシルエットを採用するなど、きめ細かい気配りの効いた商品づくりも好印象です。

誤解のない様にお願いします。

テーラー東洋のスカジャンは決して悪い商品ではありません。

ただ、老舗スカジャンショップのプリンス商会で売られる事は絶対にあり得ませんので、その点はご認識を改めてくれますよう、宜しくお願いします。

・・・誤解しておりました。m(_ _)m

勉強になりました。教えていただきどうもありがとうございます!!

で、小泉進次郎氏愛用のテーラー東洋のスカジャンはこちらになりなす。

色もバリエーションがあるので、確認してみてくださいね。

まとめ

今回は、小泉進次郎氏が着て話題になっている、スカジャンを取り上げました。

あなたも一着いかがですかw

ではまた

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 横須賀ローカル より:

    プリンス商会はテーラー東洋の商品なんて取り扱わないですよ!
    プリンス商会、ファースト商会、森商店と言う三店舗が横須賀ドブ板通りでオリジナルの刺繍でスカジャンを作り続けて来た老舗です。
    テーラー東洋と言うのはシュガーケーンやバズリクソンズで有名な東洋エンタープライズ内のブランドで、全国流通のレプリカブランドなので、横須賀の地とは何の縁もゆかりも有りません。
    森商店は数年前に閉店してしまいましたが、プリンスとファーストは今でもオリジナルの刺繍でスカジャンを製作販売しています。
    ドブ板にはスカジャンショップ以外にも刺繍屋さんが今でも残っていて、そこにジャケット持ち込みでオリジナルの刺繍を頼むのも当時に近いスカジャンの作り方と言えます。
    オリジナル刺繍はファースト商会も受け付けていますが、刺繍専門店では大将ミシンししゅう店が有名です。
    スカジャンを本物か偽物か?みたいな分け方をするならば、その場で実際に刺繍していると言うのは先ず第一条件になると思います。
    それ以外はレプリカです。

    だから小泉進次郎がテーラー東洋のレプリカを6万近く掛けて買って来て「町おこし」なんて言ってるのにビックリしました。
    ちゃんと横須賀の物を横須賀で買えよ!って気分です。
    確かにドブ板の中にあるジーンズショップで東洋を取り扱ってるお店も有るには有るけど、そこで買ったとも考えにくいですしね。
    あ、そのお店が確かGREENって名前だったと思います。

    ちなみにジュピターと言うお店は量販ブランドの品物を買い付け販売しているようなお店で、和柄?トライバル?って感じのよく分からないモチーフの刺繍が入った服を色々と売ってるような、スカジャンもどき?のような物を売っているお店と言う印象でした。
    ヤンキーがたまに買い物してるようなお店です、中に入ったことはありません。
    開業したのも20年絶たないくらいの最近のお店で、単なる街の洋品店でした。

    東洋エンタープライズと言う会社は、オリジナルビンテージをコレクションして、材質やパターンなどのディテールを、徹底的に解析しながらレプリカを創り上げるような本格的なコレクターズ集団なので、スカジャンやアロハなどの絵柄もオリジナルビンテージを確りと再現しているものも多くあります。
    その上で現代的なシルエットを採用するなど、きめ細かい気配りの効いた商品づくりも好印象です。
    誤解のない様にお願いします。
    テーラー東洋のスカジャンは決して悪い商品ではありません。
    ただ、老舗スカジャンショップのプリンス商会で売られる事は絶対にあり得ませんので、その点はご認識を改めてくれますよう、宜しくお願いします。

    神奈川県の横須賀市の中の、ほんの2キロもないような商店街の中で作られてきたスカジャンと言うローカルアイテムが全国展開のブランドにモチーフにされる事や、テレビなどに当たり前に登場すること自体、もの凄い事なのでしょうが、だからこそこのような誤解が全国に流れてしまうのはとても残念な事だと思います。
    せめて小泉進次郎が横須賀でオリジナルを買って着てくれれば変な誤解も招かなかったのでしょうけど…

    • iSee-Lab より:

      横須賀ローカルさん!!

      貴重な情報を教えてくださり、誠にありがとうございました!!

      完全に筆者の勘違いでしたね。
      全国的にも勘違いしている方が多そうですね・・・(^_^;)

      この度は大変勉強になりました。どうもありがとうございます。

      記事を修正させていただきました。

      • 横須賀ローカル より:

        この度は変な横槍を入れてしまい失礼しました。
        記事の内容まで書き換えていただけるとは考えていなかったので、ご対応に驚いています。
        主には小泉進次郎に対するボヤきのようなものだったのですが、細かな対応をしていただいたこと、感謝いたします。

        • iSee-Lab より:

          いえいえ、とんでもございません。

          地元の方から貴重な詳細情報をいただき感謝しております。

          引き続き宜しくお願いいたします。

      • スーベニアジャケット より:

        東洋エンタープライズ社は、もともとは横須賀基地をはじめとする在日米軍の購買部p.xへ繊維製品その他日用品を納める納入業者でした。基地内にも販売窓口を構えていました。
        今ではアメリカンカジュアルのいくつかのブランドを有していますが、前身はスカジャンが誕生した時からその生産にかかわっています。

        • iSee-Lab より:

          スーベニアジャケットさん

          ご親切に教えてくださってどうもありがとうございます。

          筆者も東洋エンタープライズのブランド、テーラー東洋についてwikiで調べてみました。

          そこで見つけたのは、こんな記述です。

          ”ブランドテーラー東洋によるスカジャンは、1960年代当時、米軍PXへの納入シェア 90% 以上を占めたこともある。”

          となると、横須賀基地のpxでも取り扱っていた可能性がありますよね。

          教えていただき、どうもありがとうございました。