選挙

小池百合子は今後どうなる?希望の党崩壊・都民ファースト離党ドミノ?

希望の党の代表であり、東京都知事の小池百合子氏は、衆院選後政治家としてどうするのでしょうか。

小池百合子が今後どうなるかを考えてみたいと思います。

筆者のシナリオは

  • 希望の党は崩壊
  • 都民ファーストの会は離党者続出

というものです。

期待値が大きかっただけに落胆も大きいと思われます。

スポンサードリンク

希望の党は衆院選惨敗で崩壊?

10月22日(日)の衆院選投票日の夜、小池百合子氏はどこにいるでしょうか。

  • 東京都内にある希望の党の本部にいる
  • 党の代表者として、出馬した立候補者の開票状況を見守る
  • 池上彰氏の池上無双と対峙する

と考えますよね。

でも、これは不正解です。

衆院選の当落結果は判明しているころ、小池百合子氏は東京はおろか日本にもいません。

居場所は、フランスのパリ。

温暖化対策を進める世界の都市連盟「C40」の運営委員会などへの出席するそうです。

これは、9月8日の時点で決めた都知事としての仕事です。(日程は、10月21~25日)

小池氏は、完全に下手を打ってしまったようです。

  • 都知事としてパリに行けば、希望の党の代表なのに、出馬した候補者の開票結果に立ち会わないのか!と咎められる
  • パリ行きをキャンセルすれば、東京都知事なのに、都政をないがしろにしているのか!と咎められる

どちらにしても、咎められるのです。

もし、希望の党が衆院選で圧勝していたなら、まだいいのかもしれません。

でも結果はそうではないですよね。

希望の党が衆院選惨敗にもかかわらず、代表者が不在となれば、党の幹部も当選者も落選者も解せない気持ちになるはずです。

小池氏の求心力は低下し、崩壊へとつながるのではないでしょうか。

選挙のために希望の党に合流した民進党系の議員は、さっと見切りを付けていくでしょう。

でも、そういった議員は、信念がブレブレだとして、国民から見切りを付けられてしまうかと思いますが。

スポンサードリンク

都民ファーストの会は離党者続出?

希望の党の衆院選敗北の影響は、それだけにとどまりません。

都民ファーストの会にも影響が出ることでしょう。

つまり、都民ファーストの会で離党ドミノが起きる可能性があるとみます。

2017年の都議選では都民ファーストの会で55人が当選しました。

# 選挙区 議員名 区分 前職
1 千代田区 樋口高顕 電通国際情報サービス
2 中央区 西郷あゆ美 中央区議会議員
3 港区 入江伸子 フジテレビジョン
4 新宿区 森口つかさ モノヅクリ社長
5 文京区 増子博樹 文京区議会議員
6 台東区 保坂真宏 台東区議会議員
7   中山寛進 台東区議会議員
8 墨田区 成清梨沙子 あずさ監査法人公認会計士
9 江東区 白戸太朗 アスロニア創業者
10 品川区 森澤恭子 LiB
11   山内晃 品川区議会議員
12 目黒区 伊藤悠 目黒区議会議員
13 大田区 森愛 大田区議会議員
14   栗下善行 日本オラクル
15 世田谷区 福島理恵子 東芝
16   木村基成  
17 渋谷区 龍円愛梨 テレビ朝日アナウンサー
18   大津浩子  
19 中野区 荒木千陽 衆議院議員秘書
20 杉並区 茜ケ久保嘉代子 Crystal
21   鳥居宏右 東京医科大学客員教授
22 豊島区 本橋弘隆 豊島区議会議員
23 北区 音喜多駿  
24 板橋区 木下富美子 博報堂
25   平慶翔 自民党下村議員秘書
26 練馬区 尾島紘平 練馬区議会議員
27   村松一希 練馬区議会議員
28 足立区 馬場信男 足立区議会議員
29   後藤奈美  
30 荒川区 滝口学 荒川区議会議員
31 葛飾区 米川大二郎 葛飾区議会議員
32 江戸川区 上田令子  
33   田之上郁子 江戸川区議会議員 
34 八王子市 滝田泰彦 三井物産
35   両角穣 八王子市議会議員
36 立川市 増田一郎 Evolution
37 武蔵野市 鈴木邦和 KADOS代表取締役
38 三鷹市 山田浩史 弁護士
39 青梅市 森村隆行 保険見直し本舗役員
40 府中市 藤井晃 日本マイクロソフト
41   小山有彦  
42 昭島市 内山真吾 元昭島市議会議員
43 町田市 奥澤高広 衆議院議員秘書
44 小金井市 辻野栄作 精神科医
45 小平市 佐野郁夫 小平市議会議員
46 日野市 菅原直志 日野市議会議長
47 西東京 桐山ひとみ 西東京市議会議員
48   石毛茂 西東京市議会議員
49 西多摩 清水康子 衆議院公設秘書
50 南多摩 齋藤礼伊奈 歌手
51   石川良一  
52 北多摩第一 関野杜成 東大和市議会議員
53 北多摩第二 岡本光樹 岡本総合法律事務所弁護士
54 北多摩第三 尾崎大介 衆議院議員秘書
55 北多摩第四 細谷祥子 東久留米市議会議員

既に再選を果たした2人の都議会議員が、都民ファーストの会を離党しています。

都民ファーストの会を離党者続出の理由は?

既に離党した北区の音喜多駿氏と江戸川区の上田令子氏の場合と理由は同じでしょう。

2人の都議会議員が離党した理由は以下のようなものでした。

  • 情報公開の不徹底さ(所属議員との議論を経ることなく密室で代表が決定、議員への言論統制など)
  • 国政政党『希望の党』への抵抗感
  • 小池氏の都政に対する姿勢への疑問

 

小池百合子の今後は?

小池氏については、有権者の期待が大きかっただけに、その反動も大きいものと思います。

勝手なシナリオはこんな感じでしょうか。

  • 衆院選で希望の党は惨敗
  • 小池氏は代表辞任し、都政に注力することを宣言
  • 希望の党は代表の後任選びに難航(希望の党=小池氏の党のイメージですからね)
  • 結局空中分解して崩壊
  • 都政の課題(豊洲・オリンピックなど)解決が進まず
  • 都民ファーストの会議員の不祥事&離党者続出(離党ドミノ)

もし本当にこうなったら、都知事を続けていくことも難しくなってしまうかもしれませんよね。

衆院選での惨敗は、小池氏の政治生命にまで及んでしまう危険性もはらんでいるでしょうか。

 

まとめ

今回は、小池百合子氏が今後どうなるかを考えてみました。

選挙特番を組んでいる各テレビ局は、小池百合子氏のコメントを取るべく、フランスのパリまで追いかけるでしょうか。

ぜひそうしてもらいたいところですね。

※この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-選挙