不祥事

神戸製鋼のアルミ銅事業のシェア!工場(真岡・長府・大安)の今後は?

2017/10/30

神戸製鋼のアルミ・銅のデータ改ざん問題は、あなたにも影響が出てくるかもしれません。

そもそも、神戸製鋼のアルミ・銅事業はどんなものでしょうか。

  • どんな製品を作っているのか
  • シェアはどれくらいなのか
  • 国内の工場(生産拠点)はどこにあるのか

といったことが気になったので、調べてみることにしました。

工場は、真岡・長府・大安と3箇所あるようです。

ただ、筆者にとってはあまり聞き慣れない名前です。

どこにあるのでしょうか。

わかったことをあなたにシェアしますね。

スポンサードリンク

神戸製鋼の主なアルミ銅製品のシェアは?

神戸製鋼は、消費財メーカーではなく、素材メーカーなので、あまり利用している感覚はありませんでしたが、結構身近に利用しているかもしれませんね。

主な製品のシェアを拾ってみました。

製品 シェア 順位
アルミパネル材 約50% 国内1位
自動車用サスペンション 約50% 国内1位
アルミ押出・加工品 n.a 国内1位
飲料用アルミ板 約30% n.a
 (飲料用アルミ板 ) 約70% 国内1位
アルミディスク材 約60% 世界1位

正直、シェアの大きさに驚きました。

製品だけではわかりづらいので、用途も併記しておきますね。

製品 用途
アルミパネル材 自動車のエンジンフードなど
自動車用サスペンション 自動車の足廻りで使用
アルミ押出・加工品 鉄道車両の車体を形成する部材として使用
飲料用アルミ板 飲料用アルミ缶の材料として使用
 (飲料用アルミ板) ボトル缶の材料
アルミディスク材 ハードディスクの基板として使用

参照:http://www.kobelco.co.jp/sp/product/onlyone/

 

スポンサードリンク

アルミ・銅事業の国内工場はどこ?

神戸製鋼の日本国内における製造工場を調べてみたところ、以下の3箇所あることがわかりました。

  • 真岡製造所 
  • 長府製造所 
  • 大安工場 

真岡製造所

所在地は、栃木県真岡市鬼怒ヶ丘15です。

宇都宮がほど近いでしょうかね。

こちらでは、アルミニウム板・条・円板を生産しています。

 

長府製造所

所在地は、山口県下関市長府港町14-1です。

新幹線でいうと、新下関駅が近いようですね。

こちらでは、アルミ押出・加工品、銅板を生産しています。

 

大安工場

所在地は、三重県いなべ市大安町梅戸1100です。

こちらは、近鉄またはJR桑名駅からのアクセスになります。

 

 

工場の今後は?

アルミ・銅事業の工場は国内で、栃木県・山口県・三重県と地理的にかなり分散しています。

地図や画像で確認してみる限りかなりの規模の工場です。

そのことは、次のようなことも最悪の場合想定しなければならないかもしれません。

  • 地域の雇用創出に貢献している(各工場の従業員数は不明)
  • しかし、今回の不祥事発覚で受注が激減すれば、生産ラインが止まる可能性がある
  • やがて、リストラ・工場売却などにつながる可能性がある
  • つまり、その地域で失業者が増える可能性がある
  • これは、工場の周りの飲食店などの店舗にも影響が及ぶ可能性が高い

企業規模が大きいだけに、経済へのインパクトもありそうですね。

損害賠償額も計り知れません。

ホントかどうかわかりませんが、国が税金を投じて損失補てんするなんてウワサも目にしました。

・・・これは一筋縄では行かないと思いますが。

 

まとめ

今回は、神戸製鋼のアルミ・銅事業の主な製品のシェア、工場について調べてみました。

あなたが今日飲んだボトルの缶コーヒーは、神戸製鋼のアルミ材が使用されている可能性がありますね。

なんてったって、国内シェア70%でトップですから。

心配なのは、地域経済への影響ですね。

いきなりはその影響はきませんが、じわじわ影響が出てきそうです。

従業員の中には不祥事に手を染めた人もいるかと思いますが、多くの従業員には何の落ち度もなかったと信じたいところです。

※この記事を読んだ方は、こちらもよく読んでいます。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-不祥事