iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

芸能・有名人

紅白初出場KinKiKids「硝子の少年」の生みの親とは

2017/01/03

2016年NHK紅白歌合戦の曲目が発表されました。

今回の目玉は、実力があり、広く知られながらも、意外にも(?)今回初出場の歌手ではないでしょうか。

例えば、

  • 宇多田ヒカル 「花束を君に」
  • PUFFY 「PUFFY 20周年紅白スペシャル」
  • KinKi Kids 「硝子の少年」

です。

その中で、今回iSee-Labでは、KinKi Kidsの曲目「硝子の少年」に注目しました。

ジャニーズ事務所所属のKinKi Kidsが今回初出場に至ったのは、SMAP解散の影響でしょうか。

そして、KinKi Kidsのデビュー曲であり、今回の曲目である「硝子の少年」のこともいろいろ分かりましたので、あなたにだけシェアしますね。

スポンサードリンク

まずは2016年紅白歌合戦曲目一覧の確認から

 

白組
● 嵐
「嵐×紅白スペシャルメドレー」
【出場回数】8回
● 五木ひろし
「九頭竜川」
【出場回数】46回
● X JAPAN
「紅」
【出場回数】7回
● 関ジャニ∞
「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」
【出場回数】5回
● 桐谷健太
「海の声~みんなの海の声バージョン~」
【出場回数】初
● KinKi Kids
「硝子の少年」
【出場回数】初
● 郷ひろみ
「言えないよ」
【出場回数】29回
● 三代目 J Soul Brothers
「Welcom to TOKYO」
【出場回数】5回
● THE YELLOW MONKEY
「JAM」
【出場回数】初
● SEKAI NO OWARI
「Hey Ho from RPG」
【出場回数】3回
● Sexy Zone
「よびすて 紅白’16」
【出場回数】4回
● TOKIO
「宙船」
【出場回数】23回
● AAA
「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」
【出場回数】7回
● 氷川きよし
「白雲の城」
【出場回数】17回
● V6
「Smile!メドレー」
【出場回数】3回
● 福田こうへい
「東京五輪音頭」
【出場回数】3回
● 福山雅治
「2016スペシャルメドレー」
【出場回数】9回
● 星野源
「恋」
【出場回数】2回
● 三山ひろし
「四万十川~けん玉大使編~」
【出場回数】2回
● 山内惠介
「流転の波止場~究極の貴公子編~」
【出場回数】2回
● ゆず
「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」
【出場回数】7回
● RADWIMPS
「前前前世[original ver.]」
【出場回数】初
● RADIO FISH
「PERFECT HUMAN」
【出場回数】初
紅組
紅組
● AI
「みんながみんな英雄」
【出場回数】2回
● 絢香
「三日月」
【出場回数】8回
● E-girls
「DANCE WIRH ME NOW!」
【出場回数】4回
● いきものがかり
「SAKURA」
【出場回数】9回
● 石川さゆり
「天城越え」
【出場回数】39回
● 市川由紀乃
「心かさねて」
【出場回数】初
● 宇多田ヒカル
「花束を君に」
【出場回数】初
● AKB48
「夢の紅白選抜SPメドレー」
【出場回数】9回
● 大竹しのぶ
「愛の讃歌」
【出場回数】初
● 欅坂46
「サイレントマジョリティー」
【出場回数】初
● 香西かおり
「すき~真田丸スペシャルVer.~」
【出場回数】19回
● 坂本冬美
「夜桜お七」
【出場回数】28回
● 椎名林檎
「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016-」
【出場回数】4回
● 島津亜矢
「川の流れのように」
【出場回数】3回
● 高橋真梨子
「ごめんね…」
【出場回数】4回
● 天童よしみ
「あんたの花道」
【出場回数】21回
● 西野カナ
「Dear Bride」
【出場回数】7回
● 乃木坂46
「サヨナラの意味」
【出場回数】2回
● PUFFY
「PUFFY 20周年紅白スペシャル」
【出場回数】初
● Perfume
「FLASH」
【出場回数】9回
● 松田聖子
「薔薇のように咲いて 桜のように散って」
【出場回数】20回
● 水森かおり
「越後水原~白鳥飛翔~」
【出場回数】14回
● miwa
「結-ゆい-」
【出場回数】4回

出典:ORICON STYLEの記事よりiSee-Labにてデータ加工

紅白歌合戦で存在感を示すジャニーズ事務所

毎年、紅白歌合戦で大活躍するのはジャニーズ事務所所属のアイドル達。

今回も、

  • TOKIO
  • V6
  • 関ジャニ∞
  • Sexy Zone

が順当に紅白に選出されています。いつもの年と違うのは、常連のSMAPがいないことですね。

KinKi Kidsがこれまで紅白に出場しなかった理由は?

 

端的には、スケジュールが理由とのこと。事務所の方針も働いていますよね。

KinKi Kidsはほぼ毎年にわたって年末年始にドームコンサートを実施。12月31日に東京ドームでKinKi Kidsのワンマンコンサートを行い、そのセットのまま「ジャニーズカウントダウンコンサート」で新しい年を迎えるという流れが定番になっていた。

出典:excite. ニュース

そんなKinKi Kidsが紅白に初出場するに至ったのは、やはりSMAP解散騒動の影響でしょう。分かり易いですね(笑)

 

しかし、今年9月29日に発表された「KinKi Kids Concert 2016-2017」は、12月22・23日に東京ドーム、1月1・2日に大阪の京セラドームという公演スケジュールに。恒例になっていた大晦日当日のコンサートがないことから、『紅白』への出場が疑われていた。

出典:excite. ニュース

紅白出場について、KinKi Kidsの熱烈なファン間では賛否両論あるようですが、出場が決まったからには応援してあげたいものですよね。

 

KinKi Kidsデビュー曲「硝子の少年」が紅白の曲目。作詞・作曲が誰か知ってる?

今回紅白で歌うのは、1997年7月21日にリリースされたKinKi Kidsのデビューシングル「硝子の少年」です。iSee-Labの読者さんであれば、この曲を聞いたことがありますよね。

オリコン週間ランキングで、初週31.5万枚を売り上げ、初登場1位を獲得した。CD累計売上は178.6万枚(オリコン調べ)を記録しており、シングルの中では自身最大ヒット作品である

出典:wikipedia 硝子の少年

オリコンのランキングで、初登場でいきなりの1位。CD売上は累計178万枚を超え、まさにミリオンセールス。あり得ない記録を叩き出した驚異の曲なのです。

でも、実はオリコン1位でミリオンセールスというのは、想定外ではなく、予め狙って達成したこと。

予め狙ってなんてそんな・・・と思いますが、この曲の作詞・作曲を手掛けた人を知るとそれも納得ですね。(;'∀')

  • 松本隆  (作詞)
  • 山下達郎 (作曲)

 

「硝子の少年」を制作する際、作詞者の松本隆と作曲者の山下達郎には、ジャニー喜多川らからオリコンチャートでの初登場1位とミリオンセールスが必要最低条件として課されていたため、山下は「この楽曲を製作する時は、かなりのプレッシャーだった」と語っている。
出典:wikipedia 硝子の少年

必要最低条件って・・・Σ(・□・;)

先日iSee-Labの記事で取り上げた山下達郎は、クリスマスソングの定番「クリスマス・イブ」を手掛けています。

山下達郎クリスマス定番曲起用の歴代CM女優・妻竹内まりやの功績

山下達郎が、他のアーティストに楽曲提供していることは広く知られていますよね。それが始まったのは1975年頃で、ジャニーズとのつながりも深いのですね。

自身の作品制作の傍ら、1975年頃から他のシンガー、ミュージシャンへ楽曲提供を始めた。小杉理宇造を通じてジャニーズ事務所との繋がりもあり、近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」(1982年)、KinKi Kidsのデビュー・シングル「硝子の少年」(1997年)や「ジェットコースター・ロマンス」(1998年)などのヒット曲を出しているほか、ジャニーズ所属タレント出演作品の主題歌も多く手がけている。
出典:wikipedia 山下達郎 

いや~、山下達郎って改めて凄いですね。
12月だけでどれだけ稼ぐのでしょうか(笑)

 

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-芸能・有名人