iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

時事・速報

2016年今年の漢字は「金」!石田純一が的中。安倍首相の選定は?

2016/12/13

2016年「今年の漢字」が「金」に決定しました。(12/12、世界遺産の京都清水寺にて)

「今年の漢字」は、はがきやウェブサイトを通じた公募で決まります。今年で22回目。

2016年は、15万3,562票の応募があり、その内、「金」が6,655票を獲得して「今年の漢字」に選ばれました。

「金」の得票率は、全体の約4.3%に過ぎません。そのためか、ネットでは「納得できない」という声も一部にはあります。

ただ、漢字一文字の公募となれば、相当多岐に渡る応募があったはずです。それを考えると、得票率5%未満でも「今年の漢字」に選ばれるのは不思議な感じはしませんね。

流行語大賞は、同じく師走の恒例イベントです。ただこちらは、ノミネートされた流行語を「審査員が選定する」という方式を取っています。こちらの方が、審査員の構成によって、世間の感覚とずれた言葉が選ばれる可能性がありますよね。

実際、2016年の流行大賞は「神ってる」でした。その選定に、「はぁ?」とツッコミを入れたくなった人が多数いましたし。

流行語大賞「神ってる」。「ポケモンGO」を阻止した委員と理由は?

スポンサードリンク

今年の漢字で「金」が選ばれた理由は?

さて、「金」が今年の理由に選ばれた理由としては、以下のようなことが挙げられています。

  • リオ五輪の「金」メダルラッシュ
  • 前東京都知事の政治資金問題“政治とカネ(金)
  • イチロー選手の通算3000本安打達成など「金」字塔
  • PPAPの「金」色の衣装
  • トランプ次期大統領の髪型が「金」髪

 

石田純一が「今年の漢字」をピタリと的中!

今年の漢字「金」については、俳優の石田純一がピタリと的中させたことがネットで話題となっています。

石田純一が「金」を選定した理由として、以下の2点を挙げていました。

  • リオ五輪で金メダルラッシュだった
  • マイナス金利というニュースもあった

「金」をピタリと的中させたこと、自身が東京都知事に立候補しようとしたことから、やはり石田純一は、世間に話題を提供できる「持ってる人」なんですね

「今年の漢字」トップ10。選挙や不倫のネタが世相を反映

「今年の漢字」に公募で選ばれた(1位)のは、「金」でしたが、その他トップ10に選ばれた感じをご紹介します。

 

2位「選」
3位「変」
4位「震」
5位「驚」
6位「米」
7位「輪」
8位「不」
9位「倫」
10位「乱」

 

2位の「選」は米国大統領選とか東京都知事選のことですよね。
3位の「変」というのは、ゲームは室内でという常識を変えたポケモンGoのことでしょうか。
5位の「驚」といえば、SMAPの解散やトランプの勝利のことですかね。
8位の「不」や9位「倫」は、年初から相次いだ「不倫」のことですね。

iSee-Labでは、2016年の「今年の漢字」を「壊」に予想しましたが、見事に外しました・・・(笑)

関連記事: 2016年【今年の漢字】歴代の漢字一覧・予測とその理由とは?

ただ、選定理由は・・・

  • 不倫による結婚生活が「壊」れる例が多くあった。
  • SMAPという国民的アイドルの確固たる関係が「壊」れた。
  • これまでの「都知事は男」という伝統が「壊」れた。
  • トランプ大統領の誕生がこれまでのアメリカの価値観を「壊」した。
  • ピコ太郎がグローバルの「壁」を壊して広まった。
  • ポケモンGOが、ゲームは画面の中だけという概念を「壊」した。

を挙げていました。(再掲)

「金メダルラッシュ」という要素は入れていませんでしたが、あながち今年の世相を大きくは外していなかったような・・・(;´・ω・)

安倍総理大臣が選んだ今年の漢字は?

安倍首相は、「動」を挙げました。

理由は、

「今年はいろんなことが大きく動いた年ですので、『動』、動いたというのがふさわしいのではないかと」

とのこと。

総理大臣に、質問して答えさせてしまうくらい、「今年の漢字」はすっかり世間に定着したんですね。

でもそういえば、「今年の漢字」を主催する日本漢字能力検定協会は、2009年に理事長が利益を私的流用するという不祥事を起こしていましたよね。もうクリーンな組織になったのでしょうか。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-時事・速報