スポーツ

堀島行真(モーグル)の出身高校や大学は?彼女や姉にも注目

2017/03/13

フリースタイルスキーの世界選手権で、
堀島行真選手が日本男子初の金メダル獲得の
快挙を達成しました。

この世界選手権は、2018年2月に開催される
平昌オリンピックの前哨戦との位置づけです。

世界的には無名の選手が一気に注目を集めることになりました。
今後更に注目されていくでしょう。

今回は、堀島行真選手と家族(姉)について調べてみました。

スポンサードリンク

— 日本オリンピック委員会(JOC) (@Japan_Olympic) 2017年3月9日

堀島行真選手のプロフィール(身長・高校や大学など)

まずは基本情報から。

  • 名前 堀島 行真 (ほりしま いくま)
  • 誕生日 1997年12月11日
  • 年齢 19歳
  • 出身地 岐阜県揖斐郡池田町
  • 身長 166cm
  • 体重 54kg
  • 出身中学 池田町立池田中学校(岐阜県)

スキーを始めたのは、生後1年の頃。
スキー好きの両親の影響を受けたのだとか。

小学校4年生で本格的にモーグルに取り組みました。
といっても、近くにスキー場はありません。

なので、週末を利用し、
約1時間離れたスキー場に通いました。

連れて行ってくれたのは父行訓さんです。

そして、自宅に戻ると、
父行訓さんが撮影したビデオを確認し
技術の向上に努めたそうです。

小学5年生の時に初出場した大会で
完走できなかったことで、
やる気”スイッチ”が入り、
熱心に練習を積んできたようです。

かなりの“負けず嫌い”の性格なようですね。

また堀島行真選手は、とっても人柄がよいことで評判のようです。

堀島行真選手の出身高校と大学は?

堀島選手の高校は、岐阜第一高等学校です。
この高校は、岐阜県本巣市仏生寺にある男女共学の私立高校です。

普通科と工業科に分かれ、更にそこからいくつかのコースがありました。

ピンポイントの情報は見当たりませんでしたが、
堀島選手は、普通科スポーツ科だったのかと想像します。

あと、wikipediaなどを眺めていて、
個人的に気になったのは、主な校則のところです。

いろいろ事細かに決められていることに
びっくりしましたΣ(・□・;)

制服:学校規定のものを使用。
小物:鞄、皮靴、コート(冬)、セーター(冬)、マフラー(冬)は学校規定のものを使用。
頭髪:耳、襟、眉にかからないようにし、パーマネント、アイパー、着色、脱色及び、整髪料の使用を禁止する。
眉毛:手を加えない。
下着:シャツについては色物禁止。

なお、校則に基づく検査が実施されている。毎月15日に登校持ち物指導。
テスト期間中に頭髪服装指導。その他不定期的に持ち物検査。
これらに抵触した場合、各種それ相応のペナルティを科せられる。

出典:wikipedia

とぉーーーっても自由な校風のフツーの公立高校出身の筆者にとっては、

  • なにそれ!?マフラーまで指定されなきゃいけないの?
  • 髪型とかシャツの色とか、本人に任せておけばいいんじゃん!
  • はぁ!?”持ち物検査”って何なの?テロとか警戒してんの!?

とかって、思ってしまいました。(笑)

筆者がここにいたら、間違いなく問題児だったでしょう・・・

岐阜第一高校の偏差値を確認してみたら、
ある程度は納得はしましたが・・・(;'∀')

まぁ、偏差値云々はスキーの勝負には何の関係ありません。
「芸は身を助く」です。

実際の社会では、東大出てもヤバい人はヤバいですからねw

さて、高校卒業後、堀島選手は、中京大学スポーツ科学部に進学しました。

この大学は、世の中の多くのアスリートを送り出していますね。

ほんのごく一例を挙げると・・・

  • 室伏広治 (ハンマー投)
  • 安藤美姫 (フィギュアスケート)
  • 浅田舞 (フィギュアスケート)
  • 浅田真央 (フィギュアスケート)
  • 村上佳菜子 (フィギュアスケート)
  • 本郷理華 (フィギュアスケート)
  • 松田丈 (競泳)
  • 伊藤幸子 (ソフトボール)

その他にもプロ野球やJリーガーも多数います。

 

堀島行真選手の彼女は?やっぱスキーやってるとモテるのか

彼女は・・・いるのかな(?)
いてもかしくないですよね。

そもそも、スキー場の男って“モテる”傾向にあると言われることがあります。
いわゆる“ゲレンデマジック”というやつです。

カッコいいウェアに身を包み、
スキーが多少でもできると、
女の子達からモテたりすることもあります。
(そうでない場合もありますw)

ただ、ゲレンデで盛り上がったはいいものの、
別の場所、例えば東京とかで会うと、
結構“がっかりされる”ケースが
多いんですけどねw 

なぜなら、既に魔法(マジック)は解けているからです(笑)

ちなみに、筆者は大学生の頃、
スキー場でインストラクターとして
スキー合宿に来た中学生や高校生を
教えていたことがありました。

いや~、結構モテた記憶があります(妄想?勘違い?)。

えっ!?その後、東京で再会して
どうだったかですって?

・・・(;^_^A 

さて、本題に戻って、堀島選手の場合はどうでしょうか。

スキーの腕前が世界レベルの一流で
性格もいいとなると、
女性達が放っておくはずがありませんよね。

スポンサードリンク

堀島行真選手の成績は?

さて、堀島行真選手のこれまでの主な戦歴を振り返ってみたいと思います。

  • 高校2年の時に、世界ジュニア選手権デュアルモーグル7位入賞
  • 高校3年の時に、2015-2016 FIS(国際スキー連盟)フリースタイルスキー・ワールドカップ開幕戦(フィンランド・ルカ)デュアルモーグルで3位(ワールドカップ初表彰台)
  • 2015-2016シーズンではFIS公認とも言えるルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞
  • 2016-2017シーズンでは2017年アジア冬季競技大会(札幌市)日本選手団入り
    モーグル2種目(シングル・デュアル)でそれぞれ優勝(金メダル)を獲得
  • 2017年フリースタイルスキー世界選手権(スペイン・シェラネバダ)で優勝(金メダル)を獲得

今回優勝した世界選手権は、
W杯歴代最多42勝(今季9勝)を誇る
ミカエル・キングズベリー(カナダ)
を破って快挙ですから、価値がありますね。

ちなみに、モーグルという競技をご存知でしょうか。

簡潔にまとめると、こんな感じです。

  • フリースタイルスキー競技の一つ
  • コブの急斜面を滑り、ターンと2回のエア(ジャンプ)を採点し、タイムによる得点を加えた3要素で順位を決定
  • 審判は、ターンを採点する審判で5人または3人、エアを採点する審判で2人
  • 得点構成はターン60%、エア20%、スピード20%
    →ターンの正確性が求められる

堀島行真選手は姉と一緒にオリピックへ!?

堀島行真選手には、姉がいます。

  • 名前 堀島 有紗 (ほりしま ありさ)
  • 大学 中京大学スポーツ科学部競技スポーツ科学科
  • 部活 スキー競技部
  • モーグル開始 小学校6年生-

姉の有紗さんもスキーの腕前は世界レベルです。

2012年
2012全日本A級モーグル競技会愛知県大会 種目=DM 2位

2013年
US FREESTYLE SELECTION 12/19 MO 22位
US FREESTYLE SELECTION 12/19 MO 23位
US FREESTYLE SELECTION 12/22 DM 29位
第31回長野県フリースタイルスキー選手権大会 The 31st Nagano Freestyleski Championships 1位

2014年
US FREESTYLE SELECTION 12/18 MO 51位
US FREESTYLE SELECTION 12/20 MO DNF
US FREESTYLE SELECTION 12/21 DM DNS
フリースタイルスキーふくしま大会 #2 種目=MO 2位
第22回東京都モーグル競技 種目会(A級・FIS) =MO 2位
第35回全日本選手権 DM12位

2015年
第25回フリースタイルスキー札幌モーグル競技 MO10位
第9回西日本スキー選手権フリースタイル競技 モーグル種目 第2位

出典:トラストノーツ

堀島行真選手は、
姉の有紗さんととても仲がよいとのこと。

2人で平昌オリンピックに出場し、
さらにメダルを獲得するようなことになれば、
一躍国民の注目を浴びますね。

現時点での懸念は、
平昌オリンピックの競技場会場の準備が
果たして間に合うのか、
ということですかね~。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-スポーツ