芸能・有名人

本田圭佑アプリCM曲イエモン「スパーク」の歌詞や意味とアルバムは?

サッカー日本代表選手として有名な本田圭佑さんは投資家・経営者の側面を持っているということはあなたもご存知ですよね?

そんな本田選手の新CMは、アパート経営「TATERU(タテル)」のアプリを紹介するものです。

CMの動画を早速視聴してみたのですが、本田選手らしくかなりクールに仕上がっていました。

CMでの見どころとしては、

  • 日本を代表するサッカー選手”の本田圭佑の姿
  • “経営に果敢にチャレンジする”スーツ姿の本田圭佑

という2つのタイプの本田圭佑さんがみられるところですね。

アパート経営という「視聴者にとって新たな世界へのチャレンジ」と結びつけて促しているようです。

筆者が個人的に気になったのは、やはりCM曲です。

どこかで聴いたことがある曲だと思ったら、THE YELLOW MONKEY(イエモン)の「SPARK(スパーク)」でしたね。

確か前回のCMの曲もイエモンを起用していたので、本田圭佑さんとイエモンさんは世界観の相性がいいのでしょうか。

CM自体は、15秒(60秒)と短いので、全ての歌詞を聞くことができませんでしたが、どんな歌詞だったか知りたくなりました。

あと、歌詞にはどんな意味が込められているのかも考えてみましたよ。

スポンサードリンク

アプリCM曲イエモン「スパーク」の歌詞や意味は?

THE YELLOW MONKEY(イエモン)の代表曲の一つ、SPARKの歌詞は以下の通りです。

SPARK

THE YELLOW MONKEY
作詞:吉井和哉
作曲:吉井和哉

目を閉じて始めよう この夜は誰のものでもない
唇を噛み合って 目眩がするほど抱き合って
確かめたい 生きていたい

銀色の大空に輝く 素敵な星を見た
彼方までもう少し 本当の君の顔が見える 愛してたい
頭の中で絶望の花が咲き乱れても
(are you ready to spark?)

新しい何かが俺の中で目覚める 世界は回る
君とスパーク 愛のスピーク 命は生まれいずれ消えゆく
だからBaby 一瞬の火花の中でうごめく獣のように
声を殺して奪い合えれば
永遠なんて一秒で決まる

暗闇の中 すがりつくように
血がめぐるのを確かめている
(are you ready to spark?)

新しい何かが俺の中で目覚める 世界は続く
君とスパーク 夜はスネーク 心は強くだけど乱れる
真実を欲しがる俺は 本当の愛で眠りたいのさ
恥ずかしいけどそれが全てさ
永遠なんて一秒で決まる
永遠なんていらないから

Ah Ah

 

「SPARK」(スパーク)は、1996年に発売されたTHE YELLOW MONKEYの10作目のシングルなんですね。

累計55万枚を売上げ、シングルとしては、イエモンの中では3番目となります。

このスパークにはどんな意味が込められているのでしょうか。

タイトルになっているSparkは、火花や電気のスパークといったよく知られた意味の他、(才気などの)ひらめきという名詞の意味があります。

また、動詞には、「~を引き起こす」とか「~を鼓舞して~させる」とかの意味があります。

  • 新しい何かが俺の中で目覚める 世界は回る
  • 永遠なんて一秒で決まる
  • 永遠なんていらないから
  • are you ready to spark?

なんてところからすると、

  • パッと直感でひらめいたものに踏み出してみろよ
  • ウジウジ考えたって答えは出ないぜ
  • まさに)永遠なんて一瞬の決断で決まっちまうぜ
  • 踏み出す覚悟はできたかい?

と伝えたいような気が筆者はしました。(間違ってたらm(__)m)

アパート経営という多くの視聴者にとっては未開の分野に踏み出してみろよ!っと誘っている感じですよね~。

スポンサードリンク

イエモン「スパーク」の収録アルバムは?

THE YELLOW MONKEYのSPARKの公式動画がありましたので、ご紹介しておきますね。

出典:theyellowmonkeyCh

実は、スパークも収録されたアルバムが5月21日に発売されています。

 

 

 

収録曲は以下の通りです。

  1. 悲しきASIAN BOY
  2. パール
  3. 太陽が燃えている
  4. プライマル。
  5. WELCOME TO MY DOGHOUSE
  6. 追憶のマーメイド
  7. BURN
  8. SPARK
  9. 楽園
  10. 真珠色の革命時代~Pearl Light Of Revolution~
  11. SO YOUNG
  12. 天国旅行
  13. SUCK OF LIFE
  14. 花吹雪
  15. JAM
  16. バラ色の日々

下線を引いた曲は、イエモンの代表曲ともいえるもので、ドラマの主題歌や番組のエンディングテーマとして採用されています。

結構お得感満載の曲ですよね。

1996年にリリースされたSPARK。

20年以上も時を経てもなお心を揺さぶる曲であり続けるということもあり、アルバムとして持っておいてもいい一枚ではないでしょうか。

詳細についてチェックしてみてくださいね。

 

【メール便送料無料】THE YELLOW MONKEY / THE YELLOW MONKEY IS HERE.NEW BEST[CD] 【J2017/5/21発売】

 

まとめ

今回は、本田圭佑選手の新CM曲イエモンのスパークについて調べてみました。

歌詞を確認し、意味について考えてみました。

歌詞の意味は筆者の勝手な解釈であり、間違っているかもしれません。

20年超も愛されているイエモンの代表曲「スパーク」が収録されているアルバムも発売されているので、この際にお求めになってみてはいかがでしょうか。

流行ってもすぐに廃れてしまう曲(アルバム)とは違うはずです。

【メール便送料無料】THE YELLOW MONKEY / THE YELLOW MONKEY IS HERE.NEW BEST[CD] 【J2017/5/21発売】

ではまた。

 

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-芸能・有名人