iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

ドラマ・映画

ひよっこのロケ地は茨城県高萩市の他どこ?周辺観光地もご紹介!

2017/04/05

茨城県のど田舎で育った少女の
成長を描いた青春ドラマ「ひよっこ」が
2017年4月3日から始まります。

もうすぐですね。

今回は、NHK朝ドラ「ひよっこ」
で使われたロケ地についてまとめました。

スポンサードリンク

ひよっこのロケ地はどこ?茨城県編

2016年11月頃からから撮影をスタートしています。
既にNHK朝ドラにおけるヒロインのバトンは、
「べっぴんさん」の芳根京子から「ひよっこ」の有村架純に渡されました。

茨城県高萩市

朝ドラ「ひよっこ」における最初の舞台は
「奥茨城村」という架空の村。

まず、茨城県高萩市がロケ地になりました。
稲刈りシーンですね。

ちなみに、ヒロインの有村架純など出演者の多くは、
「だっぺ~」調の茨城弁にかなり苦戦しているようですよ。
現在は慣れたのかな・・・?(笑)

 

久慈郡大子町(諏訪神社と旧上岡小学校)

また、茨城県久慈郡大子町にある諏訪神社
もロケ地になりました。

また、同じ久慈郡大子町の
旧上岡小学校もロケ地になっていたようです。

エキストラを使いリレーのシーンを撮影していたようです。

諏訪神社から旧上岡小学校へは、車で17分くらいで行けるようですね。


諏訪神社の近くには、茨城の観光スポットとしてとっても有名な袋田の滝があります。

久慈川の支流滝川に架かる袋田の滝は、日本三名瀑に数えられ、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。
滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、また一説には、その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことからとも伝えられています。


出典:茨城県公式観光情報サイト

ロケ地巡りと袋田の滝の観光と欲張って回ってみてはいかがでしょうか?

これ、茨城県もとしても狙ってますよね~w

 

茨城県常陸太田市

さて、茨城県高萩市・久慈郡ときて、
次のロケ地となったのは、茨城県常陸太田市です。

ここでは、高校の陸上部員のシーンでエキストラを募集していました。

走るシーンが結構多いのですかね。

 

かすみがうら市民家園

そして、かすみがうら市民家園も
ロケ地として使われたそうです。

如何にも田舎の雰囲気を醸し出す旧民家ですね。

ドラマの中では家として使われていたのでしょうかね。

出典:かすみがうら市

ちなみにここは、映画「お母さんの木」など
撮影のロケ地としてよく使われているようですよ。

諸川河川敷

常陸大宮市を流れる諸川の河川敷でもロケが行われたようです。

蛇行した諸川の周りには農村や集落があり、
風光明媚なところです。

如何にも茨城~な感じでしょうか。

ちなみに、ここも他のドラマで利用されることもあります。
例えば、大河ドラマ「花燃ゆ」。

鷹見泉石記念会館(古川市)

ここは本当に使われたのかよく分かりませんでしたが、
鷹見泉石記念会館というのも、
情報として名前が挙がっていたので、一応載せておきます。

ここには立派な日本庭園があります。
また、TBSテレビ『天皇の料理番』など、
ドラマのロケ地としてよく使われているところです。

っとここまでが、朝ドラ「ひよっこ」の茨城県でのロケ地情報です。

でも、茨城県だけでロケが完結したワケがではありません。

他に長野県松本市や静岡県浜松市もロケ地となりました。

スポンサードリンク

ひよっこのロケ地はどこ?長野県・静岡県編

松本深志高校(長野県松本市)

何で長野なの?と疑問に思いましたが、
この高校の校舎のたたずまいがレトロで、
ドラマのイメージにぴったりだったのでしょう。

出典:wikipedia

 

この高校は、「ひるなかの流星」「さよならクロ」など
の映画のロケ地でもよく使われるそうですよ。

静岡県浜松市

ここでは、1965年(昭和40年)の頃の
上野駅の再現シーンが撮影されたそうです。

確かに、現代の上野駅で撮影したところでリアリティないですもんねw。

関連記事:

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-ドラマ・映画