iSee-Lab

なるほど!わかった!やってみよう!

ドラマ・映画

小さな巨人のOPとEDの曲名とアーティストは?歌詞や動画にも注目

2017/04/10

4月16日21:00からTBSのドラマ日曜劇場「小さな巨人」が始まります。

スポンサードリンク

このドラマは、一言でいうと、
警察内部における人間模様を描いたものです。

警察組織で働いていると言っても、
皆が純粋に正義感のカタマリのような人ではありません。

出世欲や権力欲が水面下で渦巻く世界なのです。

一般の会社のサラリーマンと変わりはありませんね。

このドラマの主人公(主演)は、長谷川博己。
日本アカデミー賞で主演男優賞俳優です。

この敵役としては、岡田将生と香川照之という
これまた実力派俳優がキャスティングされています。

そんなドラマですが、現時点でまだ主題歌がまた発表されていません。

「小さな巨人」の主題歌・オープニング曲(OP曲)・エンディング曲(ED曲)
の詳細が気になったので調べてみました。

小さな巨人の概要

まずは、小さな巨人の概要を簡潔に触れておきましょう。

  • タイトル:小さな巨人
  • 放送日:2017年4月16日(日) 21:00- (日曜日夜9時-)
  • 放送局:TBS
  • 主演:長谷川博己
  • スタッフ:
     プロデューサー:伊與田英徳 飯田和孝 
     監修: 福澤克雄 
     演出: 田中健太 渡瀬暁彦
     脚本: 丑尾健太郎 八津弘幸

iSee-Labが特に注目したのは、スタッフ陣です。

これが、小さな巨人の主題歌・OP曲・ED曲を知る手がかりになる気がしています。

スポンサードリンク

小さな巨人の主題歌は平井堅「ノンフィクション」

※4月10日追記

「小さな巨人」の主題歌は、
平井堅の「ノンフィクション」に決まりましたね。

筆者は事前に、「小さな巨人」には
主題歌はないのではないか、と予想しましたが、
今回は思いっきり外してしまいました。

主題歌がないと考えた理由は
以下のようなものだったのですけどね。

---------------------

  • 日曜劇場で主題歌なしの実績がある
  • その日曜劇場とは、「半沢直樹」
  • 「小さな巨人」のスタッフの多くは、「半沢直樹」のスタッフでもある

最終回の視聴率が42.2%と大ヒットした
2013年の日曜劇場「半沢直樹」には、
主題歌はありませんでした。

この「半沢直樹」を手掛けたスタッフの内、

  • 伊與田英徳氏
  • 飯田和孝氏
  • 福澤克雄氏
  • 田中健太氏
  • 八津弘幸氏

は、今度の小さな巨人のスタッフでもあるのです。
-------------------------

小さな巨人のOP曲・ED曲は?

「半沢直樹」には、主題歌はありませんでしたが、OP曲・ED曲はありました。
OP曲・ED曲は同一ですが、服部隆之氏が手掛けた
「テーマ・オブ・半沢直樹 〜Main Title〜」です。

「小さな巨人」のスタッフに「半沢直樹」のスタッフが携わっているとなると、
音楽担当も、服部隆之氏となる可能性があると考えます。

となると、主題歌はなしになりそうですね。

もしかしたら、予告動画で流れている曲がOP曲として決まっているかもしれません。


出典:TBS

 

ドラマに主題歌がないのはなぜ?→外しました

いやー、以下の様にしたり顔で語っていましたが、
あっさりと予想を外してしまいました。

「半沢直樹」の時は主題歌はなく、
その時のプロデューサーは伊與田英徳氏でした。

「小さな巨人」でも伊与田氏は
プロデューサーを務めているので、
同じく主題歌はないと考えていたのですけどね・・・

伊與田氏自身が、平井堅さんを大好きらしいです。

下でドラマの雰囲気云々とか筆者が語ってしまっていますが、
平井堅さんが主題歌となると、
臨場感がより出るかもしれませんね。。。

------------------------------
ドラマには主題歌があるものだと
考えている方は多いのではないでしょうか。

でも、歌を入れるよりも、
BGM的に歌がない方が雰囲気の出るケースもありますよね。

今回の「小さな巨人」は、大人向けの、
出世欲・権力欲・エゴなどを克明に描写する、
ドロドロの人間ドラマです。


歌を入れないことで、
重厚感やテンポがでるという考えもあります。

逆に、下手に歌を入れてしまうと、
ドラマの雰囲気が台無しになってしまうかもしれませんね。

だから、むしろ小さな巨人には主題歌はなしの方がよいように思えてきました。

ちなみに、「半沢直樹」で主題歌を入れなかったことについて、芸能評論家の肥留間正明氏は次のようにコメントしています。

「これまでのドラマは、レコード会社とタイアップするなど、主演俳優の曲を主題歌にしたものが多かった。
しかし、半沢直樹はそうした制作サイドの都合ではなく、視聴者のためのドラマ作りにこだわっている。
それが功を奏したのだと思います。

主題歌がないことで、一見地味ながら実力派俳優たちの演技をしっかりと見られるし、
引き込まれていく。裏のない『正統派ドラマ』だからこそ受けているのです

出典:yahoo知恵袋

また、心理学博士の鈴木丈織氏は以下のような見方です。

「特定のシーンで主題歌が流れないことによってそれぞれの視聴者が自分のタイミングでドラマの盛り上がりを体感できます。
感動や憤りを覚える場面が人と違っても問題ないしストーリーについていろいろと考えたり登場人物との連帯感を作り上げる効果もある。
もちろん、主題歌があることによる感動も大きいが、主題歌がない方が自らの体験をドラマと重ねやすく、高揚感が強く長く継続する可能性があります

出典:yahoo知恵袋

筆者は、これらのコメントに妙に納得してしまいました。

あなたはどう感じましたか?

まとめ

今回は、4月から始まるTBSの日曜劇場「小さな巨人」の主題歌・OP曲・ED曲について取り上げました。

主題歌は、2013年の日曜劇場「半沢直樹」の時と同様に、なしの可能性があるとiSee-Labでは推測します。
ガチな人間ドラマには、時として歌が不必要な時があるからというのが理由でしょうか。
制作のスタッフも、半沢直樹の時と同じ人も多いですからね。

でもまた情報が更新されたら、あなたにシェアしますね。

ではまた。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-ドラマ・映画