不祥事

塩化銅を流出した草加市の化学工場(企業)はどこ?古綾瀬川の場所・地図も

2017/11/14

埼玉県草加市の古綾川という川の色がエメラルドグリーンに変色して、魚が大量に発生したというニュースが飛び込んできました。

原因は、有毒の塩化銅とのこと。

生態系に影響を与えてしまいましたね。近隣の方の生活に影響は出るのでしょうか。

そもそも、こんな不祥事をする企業(工場)とは一体どこなのでしょう。

筆者の地元からも近くて気になったので今回調べてみることにしました。

古綾瀬川の場所や地図を確認してみましたよ。

スポンサードリンク

古綾瀬川の場所と地図は?

古綾瀬川は、埼玉県の越谷市と草加市を流れる一級河川です。

最終的には、綾瀬川に合流します。

もともと市街地を流れるため水質が悪く、草加市青柳地区には浄化施設が設置されているとのこと。

 

 

スポンサードリンク

塩化銅を流出のした化学工場(企業)の特定は?

埼玉県によりますと、塩化銅を流出させたのは、1キロほど離れた化学品の製造工場とのこと。

まず、この情報をもとに調査を開始しました。

次に出てきた情報は、その化学工場の場所は、草加市ではなく隣の八潮市にあるとのこと。

現時点ではここまでの情報でしたので、第一報としてお届けします。

他にも気になることがありますね。

例えば以下のようなことです。

  • 塩化銅を流出させてしまった原因は何なのか
  • この化学工場で作っているものは何か
  • その化学製品は何に使われているのか

引き続きリサーチして、分かり次第あなたにシェアしますね。

※追記:

塩化銅流出の原因は、工場内の貯蔵タンクにあった塩化銅が地下の排水管を通って流れ出た可能性とのこと。

ここから判断すると、工場として故意に川に塩化銅を流出させたということではなさそうです。

ただ、「排水管のメンテナンスを怠っていたという過失」はありますよね。

 

※追記

iSee-Labの読者さんからありがたくも情報をお寄せ頂きました!!

塩化銅を流出させた化学工場(企業名)は、公表されましたね。

東信化学工業株式会社 草加工場 

住所は、八潮市大字新町29-4です。

流出の原因は、タンクの亀裂により塩化銅溶液が流出したことです。

 

 

まとめ

今回は、筆者の地元のお隣、埼玉県草加市を流れる古綾瀬川に塩化銅が流出した件について取り上げました。

モラルが低い会社であれば、行政がしっかりと指導を行っていってもらいたいですね。

取り急ぎの第一報まで。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-不祥事