時事・速報

千葉小3リンちゃん誘拐殺人の犯人は近所の顔見知り?小学校の対応

2017/04/14

同じくらいの子供がいる同じ親として犯人を許せない気持ちで一杯です。

千葉県我孫子市の排水路脇でベトナム国籍の女児レェ・ティ・ニャット・リンさん(リンちゃん)(9歳)の全裸の遺体が発見されました。

松戸市教育委員会が3月26日(日)の夜に開いた記者会見によると、リンちゃんが通っていたのは千葉県松戸市立六実第二小学校。

犯人の早期逮捕を願い、犯人像について考えてみました。

※4月14日速報記事
リンちゃん殺害犯人渋谷恭正の仕事(勤務先)や家族とFB・高校も調査!

スポンサードリンク

リンちゃん(ベトナム国籍9歳)殺害の犯人像

3月24日(金)朝8時頃、小学校の終業式に出席するため自宅を出てから行方が分からなくなりました。
自宅は小学校から徒歩で約10分の距離だとか。

筆者の子供もまさしく同じ時間帯に小学校の終業式に出るため自宅を出ていた時間帯です。怖すぎます。犯人に怒りを覚えますね。

リンちゃんの遺体発見時、衣服は身に付けておらず、通学時に背負っていたランドセルなどの所持品はまだ見つかっていません。

  • リンちゃんの自宅
  • 通っていた小学校(千葉県松戸市立六実第二小学校)
  • 遺体発見現場(我孫子市北新田の排水路脇)

という3つのポイントから犯人像を考えてみました。

当然ながらリンちゃんの自宅は公表されないので、
自宅付近の千葉県松戸市立六実第二小学校を起点とすると、
遺体発見現場までは、30分程度でつきます。

自宅や小学校がある近辺は、どちらかというと松戸市の外れの方にあり、松戸市から鎌ヶ谷市、千葉ニュータウン中央のショッピングセンターへ抜ける通り道となっています。

幹線道路も限られて、道路の幅は広くはありませんが、車の通りが多いため、結構渋滞します。

リンちゃんが行方不明になったのは、自宅から小学校までの間です。
しかも、

児童の登校を見守るボランティアの女性が立っていたが、リンさんの姿は見ていなかった。
出典:時事通信

ということからすると、近所に住む知り合いの近隣住民が人目につかないように、リンちゃんを誘い出し、犯行に及んだということが考えられないでしょうか。

小学校3年生の女児が全裸の遺体で発見されたとのことですから、犯人の性別は男。しかも、偏屈した性癖を持っていると思います。

んー、犯人は力任せにリンちゃんを車に押し込んで誘拐したということも考えられますね。

 

いずれにせよ、犯人の早期の逮捕が望まれます。

また情報を更新しますね。

ではまた。

初月無料でテレビや動画を無制限で観る裏技とは?

スポンサードリンク

-時事・速報